18年度税収、60兆円前後=過去最高に迫る

▼記事によると…

・2018年度の国の税収が60兆円前後に増加する見通しとなった。政府は当初段階で59兆1000億円程度と見込んでいたが、実際の税収は景気回復を受けて所得税や法人税を中心に拡大。

ただ、バブル期で過去最高だった1990年度の60兆1000億円を上回るかどうかは微妙な情勢だ。財務省は上振れ分を赤字国債の圧縮や補正予算の財源などとして活用したい意向だ。

2018年12月03日20時05分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018120300765

租税


租税(そぜい、英: tax)とは、国や地方公共団体(政府等)が、公共財や公共サービスの経費として、法令の定めに基づいて国民や住民に負担を求める金銭である。現代社会においてほとんどの国が物納や労働ではなく「お金(おかね、その国で使用されている通貨)」による納税方法を採用しており、日本では税金(ぜいきん)と呼ばれている。
租税 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・今からでも遅くない消費税増税をヤメろ

・民主党政権から安倍政権になり、税収と雇用が飛躍的に改善された。しかも消費増税し、一度景気を冷やしているのに。この状況で、アベノミクスは失敗だとまだ言っている政治家や有識者は本当に愚かですね。

・やはり減税こそが税収増の一番の近道なんだ

・社会保障費が増えるという事は、日本全体で見ると「事業拡大」ですね。「事業拡大」の為には、日本全体で「お金」を増やさないといけませんね。つまり政府が国債を発行し、「お金」を増やす必要があります。増税はその後の話です。

・8%にしてなければもっと増えたのにね。税収増やすには増税ではなく景気良くすれば良い

・増税しなくても

・消費税上げても それを打ち消すくらいの対策費を出してたら意味がない。財務省役人の魂胆は見え見えなんだけど

・消費税上げたら大ダメージを受けるのは国民だからね、その時は財務省の責任を徹底的に追求すべきです。

・消費税率下げればもっと税収増えるぞ!

・これで税率引き上げ凍結の下地は出来た。国民に信を問うため衆院解散でW選挙かな。財務省に邪魔されないようにギリギリまで上げる方向で、と総理も言うだろうけど。税金を下げた方が税収は上がるに決まってる。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事