東名あおり運転、弁護側が無罪主張「停車後に事故発生」

▼記事によると…

・ 神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、一家4人が乗ったワゴン車の進路を「あおり運転」で妨害して停車させ、トラックによる追突事故で夫婦を死なせたなどとして、危険運転致死傷罪などに問われた石橋和歩被告(26)の裁判員裁判の初公判が3日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)で開かれた。

・石橋被告は起訴内容について問われ、事実関係をおおむね認めた。ただ、弁護側は「停車後に事故が発生した本件には、危険運転致死傷罪は適用できない」と無罪を主張した。

・公判では「通行中の車に著しく接近し、かつ、重大な危険を生じさせる速度で車を運転する」という、自動車運転死傷処罰法が規定する危険運転の解釈が争点となる。検察側は「危険な速度で直前に割り込み、停車させるために減速した」と、一連の行動が危険運転にあたるとしている。

・検察側はまた、石橋被告がワゴン車を停車させ、夫に暴行を加えるなどして高速道路上で監禁したとして、監禁致死傷罪の成立も予備的に主張している。弁護側はこれについても「停車時間が短く、監禁に当たらない。監禁の故意もない」と争う構えだ。

2018年12月3日11時18分
https://www.asahi.com/articles/ASLCV5SMSLCVULOB016.html

あおり運転


あおり運転は、道路を走行する自動車、自動二輪、自転車に対し、周囲の運転者が何らかの原因や目的で運転中に煽ることによって、道路における交通の危険を生じさせる行為のことである。2016年の「あおり運転」など車間距離違反摘発件数は7625件。警察庁は「不安を覚えさせる行為は危険であり、厳しく対応する」としている。
あおり運転 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・危険運転許すまじ!法が許しても民意が許さんでしょう。

・無罪はないでしょー

・このような奴にハンドルを握らせてはいけない。

・依頼人の利益を守ることが弁護士の使命とはいえ,無罪を主張するとは著しく社会正義に反している。とんでもないことだ。

・なら弁護士も家族が同じ目にあっても無罪で納得なんだよな。

・監禁に時間が関係あったっけ…

・確かに停車後は関係ないかも知れんが被害者停車させたのは罪に問われないとでも?

・高速道路上、車線で車を止めての行為。運転の途中と判断できる。何にも問題ない。

・いつも思うけど加害者側を守る日本はおかしい。もっと厳しくしないから犯罪がなくならないし、罪のない被害者が減らない。守るべきものは目に見えてわかってるのに。

・そら弁護するのが仕事だからしゃーないやろ

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事