韓国の人たちときちっとした法律的な議論ができない

竹田恒泰氏
「韓国政府も認めていた。(いわゆる徴用工問題は)解決済みだと」

長谷川幸洋氏
日韓請求権協定には両国の国民と法人を含むと書いてある。それから漏れた国民、法人なんてものは無い

武藤正敏氏
問題は韓国の人たちときちっとした法律的な議論ができないこと

雨雲さんのツイート

竹田恒泰 プロフィール


竹田恒泰は、日本の法学者、政治評論家、作家、タレント、YouTuber、ラーメン屋、皇學館大学現代日本社会学部非常勤講師。学士慶應義塾大学、1998年。 旧皇族の竹田家に生まれる。北朝第3代崇光天皇の男系19世子孫であり、明治天皇の女系の玄孫、第125代今上天皇の再従甥にあたる。竹田恆和は父。
生年月日: 1975年10月24日 (年齢 43歳)
竹田恒泰 - Wikipedia

長谷川幸洋 プロフィール


長谷川幸洋は、日本のジャーナリスト、元新聞記者。元東京・中日新聞論説副主幹。
生年月日: 1953年1月18日 (年齢 65歳)
長谷川幸洋 - Wikipedia

武藤正敏 プロフィール


武藤正敏は、日本の元外交官。元在大韓民国特命全権大使。現在は外交経済評論家、三菱重工業株式会社顧問。
生年月日: 1948年12月18日 (年齢 69歳)
武藤正敏 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・解決はすでにしている。それを認識できない国家が地球上に2つ3つあるだけの話。

・道義が通じない人とは関わらない方がいいと思う。

・補償金対応は韓国政府が十分やってきたけど足りてない!そんなの知らんがなw

・韓国相手に話し合いをするときは『法律的・建設的な議論が出来ない』ということを常に冒頭に置かないといけないね‼️

・法律よりも感情が優先される国なんでしょうね。

・だから終わってるって言っとるやろが(´・ω・`)

・もう距離を置くしかない。議論しても守らない。反日教育が大部分の世代に浸透した。関係を修復するには今までの約束を韓国が一つ一つ履行する事

・感情が法律を超えていいという国。日本だったら、殺人犯はみんな○刑になっちまうな

・個人的には、出来れば仲良くしたいけど、今のままじゃ無理。

・問題は「韓国人が法律を理解できないこと」じゃないかなぁ、と思います。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事