ちぢれ麺さんのツイート

辺真一
文在寅政権は安倍政権に対して心のこもった謝罪をと言い始めた、ちょっと待ってと。宮澤政権から安倍政権に至るまで、小泉政権を含め再三にわたって二度も三度も心のこもった謝罪をしたにもかかわらず、NOと言うんだったらじゃあどうするんだって思う

同胞にまで呆れられる韓国。

辺真一 プロフィール


辺 真一(ピョン・ジンイル、へん・しんいち、朝鮮語: 변진일、朝鮮語漢字表記: 邊眞一、1947年4月12日 - )は、東京都生まれの在日コリアンジャーナリスト。『コリア・レポート』創刊者、編集長。コリアエンタープライズ代表。
生年月日: 1947年4月12日 (年齢 71歳)
辺真一 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・ピョンさんが言うんじゃ~よっぽっどだぁ~!

・時には敵対することも必要かもしれないが、親日家を増やしていくことも必要では。甘いと言われるかもしれないが。日本から親日家を支援するとか。それと日本国内の共産党、社民党、反日活動家、共鳴するグループにNO!と言わないといけない。韓国内で真の指導者が現れて欲しい。

・"心のこもった"は表現であり基準がない、中韓が良く使う手段です、つまり永遠に謝らせて、永遠に心のこもってないと言えるのです。

・ちょっと気持ち悪いなぁ。何か裏があるのではと勘繰ってしまうね。いきなり180度違う主張されても今一信用出来ないでしょ。

・謝罪を外交手段として使っていることにそろそろ気づけ

・石破や志位よりマトモですね…

・ピョンさんにも言われちゃあ〜。

・もう過去は過去として切り捨て、関係を清算する潮時。北朝鮮問題での連携は日米で十分対処できるのだから在韓邦人に今年度中の帰国勧告を出して大使館を閉鎖すれば良い。

・タカリ国家、与えていればキリがない。自分で生産しようとせず依存することばかり考えている結果です。関わるべきでない国と思います。

・いくらその時代の政権が謝罪しても、日本との約束と同様「その時はその時。今は違う」。もう付き合えんわ。ええ加減にせえや!

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事