玉木雄一郎議員のツイート

総理、これでしたか。

トランプ大統領が、安倍総理が買うと言っていた「ものすごい量の防衛品(massive amounts of military equipment)」とは。

1月からの日米貿易交渉のためだろうが、国会にも、国民にも説明せず、税金で勝手に戦闘機100機も買うな。

↓↓↓

貿易赤字解消のために戦闘機や防衛装備品を米国から買うなんて発想では、我が国の防衛政策が歪む。

安全保障の問題と貿易・通商の問題とをリンクさせてはダメだ。国益にも反する。

そもそも今の時点で戦闘機100機の話が出てきていること自体、すでに日米貿易交渉も米国ペースになっているのではないか。

玉木雄一郎 プロフィール


玉木 雄一郎は、日本の政治家、大蔵・財務官僚。国民民主党所属の衆議院議員、国民民主党代表。民主党香川県連代表・副幹事長・政策調査会副会長、民進党幹事長代理、希望の党共同代表、希望の党代表、国民党代表、国民民主党共同代表を歴任。
生年月日:1969年5月1日 (年齢 49歳)
玉木雄一郎 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・どうして対米貿易黒字を減らすのか、対案を出してから批判しろよ。批判だけなら誰でもできる、それは無責任な「反対の為の反対」だと何回言えば分かるんだ?で、米国から防衛装備品を買えばどうして我が国の防衛政策が歪むのかな?国産できない以上どこかの国から買わねばならんが、どこから買うの?

・いや、F-35の100機購入を決めてたのは民主党政権さんじゃないですかw民主党政権さんが42機購入した時にもう決まってたでしょ??

・現役戦闘機の老朽化と世代格差が広がっている中、ステルス性能で最強(らしい)戦闘機を買い替える。専守防衛で中露の境界スレスレ飛行を警戒、スクランブル発進する機体としてはこの上なく最適だと思いますが。

・じゃあ国産の作るのに賛成しますよね?玉木さん。

・円安と欧米の株高を受けて、日経平均225円高にも拘わらず自動車株が軒並み下げたのは、トランプが来週にも輸入自動車に対する25%の追加関税発動を決定する可能性が報じられたから。自動車産業はすそ野が広く日本経済に及ぼす影響は大きい、G20の日米首脳会談前にF35の購入を発表するのは当然だろう

・必要な防衛なら買うべきでしょ。経済大国なのに防衛費1%はありえない。

・日本の外貨準備高について、一度お調べになってみてはいかがでしょうか。ドルを円に替えようとするとドル売り円買いで円高を誘発しますから、ドルのまま保有するしかなく、死に金にならないように米国債を買ったりODAで国内企業に還流させたりしていますよね?ドルで買えるF35は、一石三鳥だと…

・それでは導入後35年以上経過している老朽F-15約100機の後継機についてはどのようにお考えでしょうか。国民民主党は老朽化による事故のリスクを抱えたままF-15を飛ばし続けるべきというお考えでしょうか。

・213機程度のF-15J、近代化されたのは100機程度、非近代化のF15JをF35Bにしたいという今回の話。なら玉木氏は防衛政策をどのようにお考えか?非近代化のF15Jでは、近隣諸国の新鋭機相手ではパイロットに○にに行けッと言っているようなものなのですが?

・アメリカから輸入するのに武器より欲しいものあります?

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事