国家公務員の月給・ボーナス引き上げへ 改正給与法が成立

▼記事によると…

・今年度(平成30年度)の国家公務員の給与を月給・ボ-ナスともに引き上げる改正給与法が、参議院本会議で可決・成立。

・民間企業との格差を解消するため、月給を平均で0.16%、ボーナスは0.05か月分、それぞれ引き上げ

・国家公務員の月給とボーナスが引き上げられるのは5年連続で、平均の年収は行政職で3万円余り増え、678万3000円に。

2018年11月28日 19時54分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181128/k10011727061000.html

国家公務員


国家公務員(こっかこうむいん)は、日本の行政機関に勤務する者や行政執行法人に勤務する者等、国家公務員法が適用される者を指す。
国家公務員 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・高すぎ。給料上げられる財力あるんなら消費税上げんなや

・「公務員の賃金を引き上げるなんてケシカラン!」と言ってる人、何の意味もない。なぜ「公務員が賃金上げてるのにどうして労働者の賃金をあげないんだ!」とは言わないのかね

・借金まみれの国家財政で何処にそんな金あるの?

・民間が上がらないのに(*´-`)何故...税金下げてからにしてくださいな(*´ω`*)

・増税した分は公務員の給与に使われますw

・てっきり、税収が少ないから消費税を上げるんだと思ってた。

・おい! 違うだろ!!ますます格差広げてるじゃねえか!!!!

・国が赤字でボーナスが出る仕掛けがわからんな。民間ならありえんだろ

・じゃあ国家公務員にでもなるか

・こういうのには立憲民主も反対しませんw

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事