立民、LGBT差別解消へ法案 参院選にらみ共同提出へ

▼記事によると…

・立憲民主党は23日までに、主要政策の一つに掲げる性的少数者(LGBT)の人権保護を強化するため、行政機関や企業に差別的な取り扱いを禁じる法案をまとめた。

・国や自治体に差別解消策の推進を義務付ける。来年夏の参院選をにらみ、他の野党に連携を呼び掛け、今国会に共同提出したい考えだ。

・立民は既に参院選比例代表に同性愛者であると公表している男性の擁立を決めた。法案を作成することで、LGBTの人権重視の姿勢をアピールし、支持拡大を狙う。

・法案は国と地方自治体の責務として「性的指向、性自認を理由とする差別解消の推進に必要な施策を策定し、実施しなければならない」とした。

2018/11/23 15:25
https://this.kiji.is/438586593173259361

立憲民主党 (日本)


立憲民主党は、2017年に結成された日本の政党。公式略称は民主党であり、初代代表を初め旧民主党に所属したことのある議員は多いが、法律上は旧民主党(民進党・国民民主党)とは別政党である。また、名前に民主を含む他の政党と区別するため、報道時には立憲民主、立憲民、立憲、立民などが使用される。
立憲民主党 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・差別解消のために法案を作成する事が、すでに差別である事を認識して頂きたい。

・同性婚は含まれるんでしょうかね? メリットあるしアピールにはもってこいだと思うけど

・先手を打ってパートナーシップ制か同性婚を全国解禁し性差別の禁止を盛り込んだら良いのに 民主党政権の時に言った事はせず、言ってない事ばかりやって国を傾けた事を二度と忘れん。モリカケで国会空転血税を無駄にした事も

・色んな意見はあると思うが法案が通る事で何かが変わるならいい事じゃないのかな?

・「改革保守」などともっともらしい自称をして、最終的に自民の補完勢力に成り下がった政党はいくつも見て来たが、立憲は結党当初からリベラルな政策をブレずに打ち出しているのは評価できる。これは旧民主党との大きな違いの一つ。

・ここ最近海外でLGBTを軸とした表現規制が実際に行われた事もあり(所謂ソニー規制)、表現規制目的に成り下がらないよう慎重に取り組むべき。

・差別はイカンと言うのはその通りだが、立法化となるとやっぱり人権擁護法案を連想して心穏やかならぬ。ここは慎重に願いたい。

・党名変えたのと同じ

・LGBT限定の法案だと特権だと言い出す奴が必ず現れると思うが

・これで何か変わるのか?選挙に利用したいだけだろ。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事