「日本が数十倍努力を」 日韓議員ら関係改善訴える

▼記事によると…

・ 芸人とユーチューバー、2足の草鞋を履くキングコング・梶原雄太(38)が、17日放送『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に登場した。

・カジサック名義でユーチューバーとして活躍し始めた梶原を周囲の芸人は厳しく追及。そのやりとりに注目が集まっている。

・明石家さんま(63)は、若い世代のテレビ離れが深刻化する現状を嘆き、「テレビからすればYouTubeは敵」とテレビで生きてきた芸人としての矜持を熱弁する。

・それに梶原は「だからYouTubeで活躍してスターになってテレビに戻って、小中高生をテレビに戻したい」と理想を語ったものの、周囲からは「ならテレビで頑張れ」と厳しい意見が飛び交う。

・それに対して、「テレビに(出演する)隙間がない」「テレビはコンプライアンスが厳しい」「ネットなら世界にも届けられる」と梶原なりの理由を明かし必死の反論を続けた。

・自身の正当性を主張し、どこかキレイごとにも聞こえる説明を繰り返した梶原に対して、フジモンことFUJIWARA・藤本敏史(47)がキレ気味に噛みつく。

・「カッコつけんなよ、金欲しいからやろ? それ言うたらええやん。『金稼ぎたいです』って言うたほうが気持ちいい」と一刀両断する。

・周囲の芸人らの追求に梶原は終始押され気味。芸人引退をかけたユーチューバー活動に対してナダルから「辞めてどうするんですか?」と疑問が投げかけられると、苦笑いを浮かべるのがやっとだった。

11/19(月) 5:57配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20181119-00000006-ann-int

梶原雄太 プロフィール


梶原 雄太は、日本のお笑いタレントであり、漫才コンビキングコングのボケ担当である。相方は西野亮廣。 大阪府大阪市都島区出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。太成高等学校卒業。身長163cm、体重48kg、血液型B型。2018年10月からYouTuberカジサックとして活動中。
生年月日:1980年8月7日 (年齢 38歳)
梶原雄太 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・カジサック、マジで見返して欲しい。最初は「また芸人がYouTubeに堕ちてきたか…」って思ったけどこの人は本気度が違う。応援してます!!

・コンプライアンス言うけど、基本的に芸人との対談が多くてコンプライアンス気にするほどの内容じゃない気がする

・僕はめっちゃ頑張ってほしいけどなぁ。攻めてる人らの言い分の方が変やけどなぁ笑

・先日youtubeで梶原さん始めて見た。必死に他のyoutuberから学ぶ謙虚な姿勢に、感動した。0からの挑戦に命かけてると仰ってました。挑戦者は批判されてナンボですよね

・冗談が多少入っているのはわかりますが、一生懸命頑張ってる人間を批判するのってどうなんだろうと思う。カジサックさん頑張れ!

・ これもフジモンはスタッフから言わされてるんだろうなあ。

・カジサック、想像より面白くてチャンネル登録しちゃったけどなぁ。何事もパイオニアには逆風が吹くので頑張って欲しい。

・コイツ嫌いだけど頑張ってる姿は評価する 周りで騒いでる連中は売れようと努力をしないだけ もうネット時代なんだから活用しない奴はア◯

・他の芸人がキレる理由なくないか。時代にあった仕事をして何が悪いのか。

・これまで相手にされなかった人が結果的には話題に上がるようになった。また別の成功モデルが生まれた

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事