給食の完食を指導され不登校に 強要をやめてと支援団体が訴え

▼記事によると…

・小中学校で教員に給食の完食を指導されたことがきっかけで不登校や体調不良になったなどの相談が昨年5月~今年9月、支援団体に延べ1000人以上から寄せられていたことが19日、分かった。

・完食指導が訴訟に発展した例もあり、支援団体は「給食は本来、楽しく食べて、食事の大切さを学ぶ場。強制は絶対にやめて」と訴えている。

・相談内容は「完食指導に我慢できず、小学3年から不登校になり、対人恐怖症になった」「幼稚園登園を渋るようになった」「野球部での食事指導で、1年間吐き続けた」などさまざま。転校を余儀なくされた例もあった。

2018年11月19日 6時41分
http://news.livedoor.com/article/detail/15616537/

給食


給食とは、特定多数人に対して専門の施設を用いて組織的・継続的に食事を提供するもの。また、喫食者側からは「給食」とはその継続的に提供される食事のことを指すことになる。
給食 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・個人個人で食べ切れる量も違うし、アレルギー持ちかもしれない。強く強要するのはよした方がいいと思うが、好き嫌いを助長しかねないしな

・食えなかったら少なめでいいよとかとりあえず話すとこからの練習か?不登校とかいうけど、同じクラスの仲良くするにはそっからじゃない?完食出来ないなら盛る側も察しろ

・アレルギーとかじゃなければ出来る限り食べた方がよいとはおもうけど、指導の仕方かな

・子供時代はこの問題に散々苦しめられたなぁ。幸い対人恐怖症とかにはなってませんけども。

・別に残さず食べるのは常識として当たり前なんじゃ。好き嫌いが良い事とも思わないけど嫌いな物は食えないし、食事の量も少なくできたり残しても無駄にならない制度や設備を整えるべきでは

・|ω`) そういえば、昼休み中ずっと食べてたこともあったなぁ。低学年の頃ですけどね。

・牛乳飲まなきゃいけなかったのはまじ辛かった。昼放課終わった後必ず腹下してた

・食育は基本的には家でやるもんだよ。食べれない子供は親のしつけが全然できてないんだよ。ご飯残したらゲンコツされて無茶苦茶怒られたけどお陰でなんでも食べれる。

・残した給食を持って帰らせればいい。と思うけど、どう。勿体ないを教える為ならそれでもいいんじゃないかな??

・食えない量を強要するのはまずいけど、好き嫌いではじいてるだけなのは家庭教育の問題だからもっと好き嫌いなく食べれる味付けの工夫とか、親がするべきなのでは🤔

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事