安倍首相帰国 文大統領とは「戦略的放置」

▼記事によると…

・安倍晋三首相は18日夜、シンガポール、オーストラリア、パプアニューギニアの3カ国歴訪を終え、政府専用機で羽田空港に帰国した。

・韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との会談はなかった。元徴用工による訴訟で韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた判決への対応を示せない文氏と会談しても無意味だと判断、「戦略的放置」に徹したようだ。

・首相同行筋によると、最初のASEANプラス3(日中韓)では文氏が安倍首相に駆け寄り握手を求めた。首相は握手こそしたものの、話しかけてきた中国の李克強首相に顔を向けたという。

・外務省幹部は「ボールは向こうにある。文氏と会談する状況にはない」と説明する。歴訪中には、平成27年末の慰安婦問題に関する日韓合意の柱である「和解・癒やし財団」を近く解散する韓国政府の方針が伝わった。

2018.11.18 20:32
https://www.sankei.com/politics/news/181118/plt1811180023-n1.html

安倍晋三 プロフィール


安倍 晋三は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、第90代・第96代・第97代・第98代内閣総理大臣、第21代・第25代自由民主党総裁。
生年月日:1954年9月21日 (年齢 64歳)
安倍晋三 - Wikipedia

文在寅 プロフィール


文在寅は、韓国の政治家、弁護士、市民活動家。第19代大統領。 弁護士として市民運動や人権運動に参加した後、盧武鉉政権で大統領側近として活躍した。その後、国会議員に当選、新政治民主連合代表や共に民主党代表を務めた。
生年月日:1953年1月24日 (年齢 65歳)
文在寅 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・あたまに戦略的って付けるのいいな。戦略的徹夜、戦略的寝坊、戦略的遅刻………

・放置しても事態は良くなることはなく、連中はどんどん増長していくだけって、歴史が証明しているじゃないですか!そろそろガツンと…より大きな声で恫喝し、お灸をすえる時期ですよ!

・戦略的放置というか、世界会議の合間にわざわざ時間を作ってまで会いに行く価値が無いだけでしょ

・解決のために努力する姿勢すらない相手には、こうなるしかないんです。

・もっと露骨な態度表明をお願いしたいが?

・放置じゃなく、戦略的制裁を。

・その戦略は有効なのでしょうか。

・そりゃそうだ。だって何かを会話しても嘘かもしれないし、約束事をしようにも守らないんじゃ話をする価値がない。信頼を失うってのはそういうことだ。

・握手を求めてきた他国の首長を軽くあしらって顔を背けるというのは日本首相としては珍しいけど、本当は表現すべきこういう拒否対応を今までしてこなかった歴代首相が情けなかったですね。

・放置もいいけど、きちんと抗議はしておくべきではないかと・・

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事