病院で「なりすまし防止」外国人に身分証要求へ

▼記事によると…

・政府は外国人が日本の医療機関で受診する際、在留カードなど顔写真付き身分証の提示を求める方針を固めた。来年4月開始を目指す外国人労働者の受け入れ拡大で、健康保険証を悪用した「なりすまし受診」が懸念されるためだ。外国人差別につながらないよう、日本人にも運転免許証などの提示を求める方向だ。

来年度にも運用を始める。厚生労働省が在留外国人への周知徹底を図るとともに、身分証の提示要請を各医療機関に促す。

2018年11月18日 12時51分

https://www.yomiuri.co.jp/politics/20181118-OYT1T50002.html

在留カード


在留カードとは、法務大臣が中長期在留者に交付するICカードである。
在留カード - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・日本に来てからいかに差別問題にすり替えて悪用されないように仕組みが作れるかが重要だと思います。来る前にしっかりと仕組みを理解させ同意のもとに来ていただく。少しでも不正や問題を起こしたら直ぐに帰っていただく。これをしっかり確認し納得できる人だけ採用。来てから対応していては差別問題に

・保険証に顔写真をつけるべきだ。うるさく言われて免許を返したご老人の立場はどうなるんだ?

・保険証にも顔写真を義務化を進めましょう。

・台湾のように 写真付きICカード化すれば良いと思います。 「なりすまし」はもちろん 生活保護受給者の薬の転売も防げます。

・免許証が無い人の為にIDカードを発行しましょう。

・"外国人労働者の海外在住家族に保険適用せず"というのは納得ですが、"日本人の海外在住家族にも保険適用制限が検討課題”とは理解できません。全て同じにする必要があるのか

・直ぐ出来る処置としてこの措置を徹底して貰って、次は保険証とマイナンバーカードを合体させて顔写真付きにすべきです。ですが、外国人が国民健康保険や生活保護を受けれる事なんて日本が異常ですので、是非見直して下さい。調査すれば分かる事ですが日本国民の総意です。

・保険証等の証明書の偽造も心配されます。クレジットカードのようにオンラインで本物の証明書であるかの有効性のチェックが必要です。

・しかし在留カードそのものも偽造が流通しています。偽造在留カードは警察がよく知っていると思います。よろしくお願い申し上げます

・ここまでしないといけなくなったんですね。じゃあ免許証の本籍国籍記載は復活でお願いします

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事