津田大介さんのツイート


韓国を批判するネタを探してる人にとっては、叩ける「穴」が見つかれば何でもいいんですよ。

みんな「テンプレ」のような物言いしかしないし、その多くはまとめサイトで拡散されてるものです。

↓↓↓

深刻なのは、いまネットを覆い尽くそうとしてる嫌韓の空気読んで「韓国絡みのネタは言及したらめんどくさいな」と、自分の思ってることを表明しない言論人や知識人や、一部のモンスタークレーマーの抗議を「世論」と勘違いして、忖度してしまうチキンな商業メディアが増えてることですね。

津田大介 プロフィール


津田 大介は、日本のジャーナリスト。早稲田大学文学学術院教授、有限会社ネオローグ代表取締役、一般社団法人インターネットユーザー協会代表理事。反日万歳。 大阪経済大学情報社会学部客員教授、早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース非常勤講師、朝日新聞社論壇委員、新潟日報特別編集委員も兼任している。
生年月日:1973年11月15日 (年齢 45歳)
津田大介 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・すみません。「穴」は塞ぐモノであって、出る釘や杭でないので叩けません。日本のジャーナリストさんならもう少し言葉を大切に、日本語も正しく使って欲しいです。

・国会の茶番とかそうですよね。週刊誌がーとか

・探さなくても、ゴロゴロ落ちてます。

・津田さんは日本叩きに熱心ですね。自分たちが行なっている卑劣な事は相手もしているはずだと思ういつものパターン。

・という思想を津田さん、ご自分が有していると言う事を全世界に発信してバ◯?

・そもそも「そんなに簡単に『批判の種になるような穴』が見つかる」という時点でどうかと思うんじゃよ…

・てか、批判すること満載で、穴どころじゃなくて砂漠の砂の粒数ほどもあるんですけど。ꉂꉂ😆

・喧嘩になった時の原理と一緒♪

・韓国は穴作りの名人

・そっくりそのままお返しします笑

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事