日本テレビの社長がイッテQ・祭り企画の休止を発表 問題は調査中

▼記事によると…

・日本テレビの大久保好男社長が15日、都内で、自身が会長を兼務する日本民間放送連盟(民放連)の定例会長会見に出席。

・やらせ疑惑が報じられた同局の人気バラエティー「世界の果てまでイッテQ!」(日曜、後7・58)の祭り企画について、「お詫び申し上げます」と謝罪。

・疑惑問題について現在調査中とし、「当面、お祭り企画は休止といたします」と企画の休止を発表した。一方で、やらせの意図は「まったくありませんでした」と強調した。

・また、8日に日テレが出した「(祭りの)セットなどを設置した事実はなく、番組から参加者に賞金を渡した事実も御座いません」という見解について、「橋祭り」については「ロケに協力してもらう点もありますので、コーディネーター会社を通じて賞金、謝礼などを支払っているとのことでした」と修正。

・「番組というのを日本テレビのプロデューサーやディレクターなど狭く限定した表現であって、これは誤りです。現地のコーディネーターは外部の人とはいえ、我々の大切な協力者であり、番組の成立に不可欠な存在です。番組サイドの方であることに間違いありません」と撤回した。

・「橋祭り」以外の他のお祭りの企画について、どうだったのかは調査中とした。

2018年11月15日 16時28分
http://news.livedoor.com/article/detail/15600211/

大久保好男 プロフィール


大久保 好男は、日本のジャーナリスト。日本テレビホールディングス代表取締役社長、日本テレビ放送網代表取締役社長執行役員、一般社団法人日本民間放送連盟会長、公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事。山梨県出身。
生年月日:1950年7月8日 (年齢 68歳)
大久保好男 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・NHKのアレフの件は社長のコメントまだかな。

・それによって、ウッチャンの紅白総合司会を降りなければいいな😢

・好感度の高い番組だしすぐに謝るのが1番と踏んだのだろう。正解だと思う。

・TBSと大違い

・悲劇は本当の祭りの楽しさが伝えられなくなった事。楽しそうなものもあったのに。すべて疑いの目で見られてしまう。企画自体悪くないんだからしっかり検証して続けて欲しいものだ。

・無理矢理海外でお祭り探さなくても、日本各地のお祭りに参加したりとか色々方法あったやろうに。もったいないなぁ。

・好きなんだけどなぁ。

・文春はこれで満足なんだろうな、うまい飯が食えるんだろうな。ほんと気色の悪い連中 人の不幸で飯を喰らう仕事か…ア◯らし

・やらかした奴が責任とれよー☹️お祭り家族みんな大好きなのにー!!!

・いっそ世界に新たなお祭りを作る男という新コーナーもありでは🤔

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事