熱中症だと思ったら、「夏の脳梗塞」だった その見分け方

くらくらして目まいが止まらない。手足が思うように動かない。その症状は突然、襲ってくるという。

茨城県古河市の高校1年生、柳澤拓実君(16)は、ソフトテニス部に所属。高1だった昨年8月3日、グラウンドで練習をしていたところ、突然ふらふらし、ラケットとボールの距離感が合わなくなった。周りの部員も、空振りが続く様子を見て、異変に気付いた。彼の父親、直平さんが本人に代わって語る。

「部室で横になっていたそうですが、呂律も回らなくなった。夕方前、息子は顧問の先生に連れられ、病院に行きました。私も病院に駆けつけ、息子に問いかけましたが、“うん、うん”といった返事しかない。血液検査を行い、熱中症に特有の数値が示された。CTスキャンも撮ったのですが、その時は脳に異常は見つかりませんでした。そのため医師の診断はやはり熱中症となった。しばらく安静にし、日が落ちてから、息子を家に連れて帰りました」

しかしその後、過酷な運命が拓実君を襲う。

「息子は家でも横になって寝ていました。夜の10時頃、“さすがに着替えくらいさせないと”と思い、服を脱がせようとした時に、右半身が動かなくなっていることに気が付いたのです。急いで同じ病院に行き、今度はMRIの検査を行った。それで初めて脳梗塞だということが分かったのです」

■右の全身麻痺、緊急手術 重い熱中症かと思われた拓実君は、命に関わる重篤な病を発症していたのだ。別の病院を経て、拓実君が筑波大学附属病院に搬送されたのは、4日未明のこと。直平さんは医師からこう告げられた。

「左の側頭葉の大部分が死にかけています。全失語、右の全身麻痺の状態です」

父親が受けた衝撃の大きさは察するに余りある。

「“これから2週間が山です”と言われた。息子は集中治療室に移され、翌5日、脳梗塞の手術を受けました。その後、痙攣(けいれん)の症状も出た。先生から“危惧した通り、脳圧が上がりつつある”と指摘され、左側頭葉の頭蓋骨を外して脳圧を逃がす緊急手術が行われました」

計3度の手術の結果、拓実君はからくも一命を取り留め、脳梗塞から生還した。

もっとも重い後遺症は残った。車いす生活を余儀なくされ、失語症に陥ったのである。しかし懸命のリハビリを続け、発症から半年で車いすから歩行器に移行。今なお右足首が上がらず、膝から下は引きずるような形ではあるものの、彼は自力で歩けるまでになった。

「学校には戻れていませんが、言葉に関しても、3~4個の単語を繋ぎ合わせて、話ができるところまで回復しました。私が訴えたいのは、熱中症と間違える脳梗塞があるのを、皆さんに知識として持ってほしいということ。“若者・炎天下・スポーツ”という要素からすぐに熱中症と捉えられがちですが、息子のような若い人間にも脳梗塞は起こり得るのです」

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事