百田尚樹さんのツイート

本日『日本国紀』を入手された皆さん、おめでとうございます。
そんな皆さんにお願いがあります。
ツイッター上で、引用やネタバレはお控えください。これから読もうと待っておられる方の楽しみを奪うようなことはやめてください。
もちろん、面白かった?面白くなかった!の感想は自由です😊

↓↓↓

『日本国紀』をご購入された皆様、よければ507ページにある有本香さんの「編集の言葉」を先に読んでみてください。
実はあまりの名文に、冒頭に載せようと思ったほどですが、最初に「編集の言葉」があるのも変ということで、最終ページに回しました。
とてもいい文です。

↓↓↓

『日本国紀』をお読みになられているフォロワーの皆さま、途中でいいですから、感想をツイートしてください!
素敵なツイートはリツイートさせていただきます!
ただし、ネタバレは厳禁でお願いします。もっとも誰もが知ってる話はその限りではありません。

百田尚樹 プロフィール


百田尚樹は、日本の放送作家・小説家。大阪府大阪市東淀川区出身。
生年月日: 1956年2月23日 (年齢 62歳)
百田尚樹 - Wikipedia

有本香さんのツイート

さっそく立ち読みだけして、「参考文献書いてないの見っけ」と鬼の首でも取ったみたいに騒ぐ人。記述のごく一部だけを切り取って「誤りだ」「歴史の知識がない」と幼稚なミスリード手法で騒ぐ人。

それを喜んでリツイートするタレント。

皆さん、『日本国紀』のことが気になって仕方ないんですね(笑

有本香 プロフィール


有本 香は、日本のジャーナリスト、編集プロダクション代表。
生年月日:1962年 (年齢 56歳)
有本香 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・1章を読み終えたばかりですが、たった1章だけでも考える事が多く、読み応えがありました。柔らかい文章で読みやすく、百田さんが愛情を込めて日本という国について語りかけている、そんな印象を抱きました。装丁、紙、フォントに荘厳さと慎ましさがあり、こだわりを感じました。

・日本国紀 飛鳥時代の聖徳太子のとこまで読んだ。むずかしいかなって思ったけどめちゃ面白い。でも一気に読んだらもったいないから休憩する。友達も本に集中してたら怒るから

・いま序章だけ読み終えたのですが、百田氏の普段のしゃべりとは別世界が拡がっておりました。やっぱあの文才はタダ者ではなかった!

・単なる時代区分でしかなかった縄文や弥生が、人々がご飯を食べたり笑顔でおしゃべりしたりする、生き生きとした時間を表す言葉に変わりました。11ページ最後の1行から12ページ最初の3行にかけてのくだりで、涙がとまりません。

・十七条憲法はグッときます。都度でてくるコラムもいい。教科書を終わらす事ができず、高校の時、近代はやらずに終わったから早く近代を読みたい。携帯見ずに本に集中

・百田尚樹さんの日本国記。まだ読み始めだが、すでに縄文時代から面白い。この先読み進めていくのが非常に楽しみだ。

・購入後、レジの店員さんが『百田尚樹スゲー!今まで入荷の電話してその日の内に取りに来る人まれだったのに…今日中に何人来るんやろ?もしかして全員?』って言ってて、今日街に用事なかったけど片道30分バス乗って買いに来て良かった!って思いました。帰って読むのが楽しみです😍

・Amazonどころか楽天ブックスもまだ届いてません(ToT)愛しい恋人を待ってる気分です!

・まだまだ途中ですが、弘安の役の時の北条時宗の振る舞いがとても印象的でした。またコラム最後の二行が泣かされます。こんなに引き込まれる本は本当に久しぶりです。ありがとうございます。

・一目見て・触ってすぐ分かりました!採算無視とは聞いてましたが、想像以上でビビりました…!本文も最高級品なんですね!じゃあ指先で味わいながらめくらなくちゃ。しおりの紐も赤で、国旗みたいですね。日本国紀で日本国旗!同人誌描きオタクは装丁に興味津々すぎてなかなか本文に入れません(笑)

▼amazonで購入する


日本国紀[百田 尚樹]

▼楽天で購入する


日本国紀 [ 百田 尚樹 ]

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事