菅氏、携帯料金「絶対下げる」

▼記事によると…

・菅義偉官房長官が10日発売の月刊誌「文芸春秋」で、携帯電話料金について「絶対に4割下げる」と題し、大手3社に値下げを重ねて要請していることが8日、分かった。6月時点で3社が占めるシェアは89%に上ると指摘し「値下げを実現するには寡占状態を解消し、健全な競争が行われるようにする道しかない」と強調している。

2018年11月8日 / 20:47
https://jp.reuters.com/article/idJP2018110801002084

菅義偉 プロフィール


菅義偉は、日本の政治家である。自由民主党所属の衆議院議員であり、内閣官房長官、沖縄基地負担軽減担当大臣、拉致問題担当大臣である。 横浜市会議員、総務副大臣、総務大臣、内閣府特命担当大臣、郵政民営化担当大臣、自民党幹事長代行などを歴任した。
生年月日: 1948年12月6日 (年齢 69歳)
菅義偉 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・それよりNHKの受信料をなくしてくれ!

・携帯料金を2500円〜3000円にすれば浮いた7000円、8000円は他で消費されるので日本経済にと良い事になると思います。

・最低賃金を上げろっての。

・値段が下がるのは良いですけどサービスや質まで下がるならそれはどうかと思います

・菅さんは、絶対にやりそう。

・携帯もそうだけど、テレビの方もお忘れなきように、よろしくお願いいたします。

・私は元携帯電話会社SEですが、当時から少ない予算で無理なスケジュールで開発していました。多くの人は心身が病んでました。値下げは嬉しいですが、しわ寄せが行くのは、いつもその会社の社員です。

・総務省が初動を間違ったのが一番の原因。民営やめて国営にしたらいいじゃん

・航空業界も同じです。よろしくお願い致します。

・個人の資金の流れを変えて、新たな消費を生み出すためには絶対に必要なことである。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事