なぜ? LINEからも逃げ出し始めた若者たち

▼記事によると…

・LINE社の媒体資料によると、LINEアプリの2017年9月時点の日本国内のMAU(月間アクティブユーザー数=月に1回以上アプリを使った人の数)は約7100万人。なんと日本の人口の55.2%に及ぶ。

・総務省の通信利用動向調査によると、16年の個人のスマートフォン普及率が56.8%。この数字を踏まえると、日本のスマホ所有者の9割以上がLINEを使っているといってもいいかもしれない。日本では立派なコミュニケーションインフラに成長したといえる。

・一方、調査会社・マクロミルの17年7月のインターネット調査(15歳以上のユーザーが対象)によると、LINEユーザーのうち、40代が22.5%、50代以上が23.8%。一方、15~19歳は10.3%、20代が20.7%だ。全年齢層に広く浸透しているものの、意外にも中年以上の層が半分近くを占める一方、20代以下は3割強にとどまる。

16年1月の同調査では、40代が17.4%、50代以上が18.4%だったのに対し、15~19歳が11.6%、20代が24.8%だった。この時点での「国内登録者数」は約6800万人。20代以下の人口が減っていることも影響しているだろうが、それだけではない可能性もある。少しずつとはいえ、利用者が「高齢化」する一方、若者の「LINE離れ」が進んでいるかのように見える。

2018年01月18日 07時00分
https://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20180117-OYT8T50016.html

↓↓↓

小野寺まさる氏のツイート

LINEは韓国の諜報機関が深く関わっており、政府もそれを認めている。

何故に日本人は個人情報をそんなに韓国に渡したいのか…と不思議だった。

やはりネットの危険性に鈍感な中高年層に比べ若い層は賢明だ。

LINE


LINEは、LINE株式会社が提供するソーシャル・ネットワーキング・サービスである。 スマートフォンやフィーチャーフォンなど携帯電話やパソコンに対応したインターネット電話やテキストチャットなどの機能を有する。2012年7月3日にはプラットフォーム化が発表された。
初リリース日: 2011年6月23日
LINE_(アプリケーション) - Wikipedia

小野寺まさる プロフィール


主な経歴:党道連広報委員長、道議会経済常任委員、同食と観光対策特別委員
生年月日:昭和38年(1963年)8月10日
自由民主党・道民会議 北海道議会議員会

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・日本製のラインの様なものがあれば乗り換えたいと思っています。

・しかし、日本国民の情報管理するマイナンバーカードと情報連携しているLINEです。これについて国会でも話題にならないのはおかしい。

・鈍感な中高年代らしい私ですけどLlNEが韓国絡みなのを知ってるから手なんてつけてませんよ♪

・仕事関係でも、LINEでもやり取りしたいと言う人がいます。事情を話してお断りしておりますが、その影響だと思いますが、会議の連絡が遅れる事がありますね。話しても信じない人がいるのも事実です。

・ホントに危険だと思います。

・盗まれて困る様な情報は一切載せない。常識です

・スマホは裏でどういう挙動をしてるかいまいち分かりませんからねぇ。僕は仕事上使わざるを得ないので個人情報が一件も入ってないLINE専用のハードを使用してますがそれでも情報漏洩が怖いですね。

・しかし便利だからなー

・良い傾向ですね!

・以前から分かってはいるものの、他のツールを考えた事も。結局利用者が多いので、便利で手軽なLINEから離れられないでいます。他にいいツールがあれば、少しずつでも切り替えるのになぁ…きっと同じように考えてる方、多いのでは?

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事