強制徴用22万人の遺族の連鎖訴訟予告…韓日65年体制に変化あるか

▼記事によると…

・行政安全部が把握している強制徴用被害者(死亡・行方不明含む)は21万6992人で、このうち生存者は約3500人となっている。

2018年10月31日08時48分
https://japanese.joins.com/article/622/246622.html

↓↓↓

朝鮮人口2500万、海外動員された被害者150万…強制徴用受難史

▼記事によると…

・日帝強制徴用被害者が日本企業を相手取って起こした損害賠償請求訴訟が被害者の勝訴で最終確定された。

30日、大法院(最高裁)全員合議体は日帝強制徴用被害者4人が新日本製鉄(現・新日鉄住金)を相手取って起こした損害賠償請求訴訟の再上告審で「被害者にそれぞれ1億ウォン(約994万円)の賠償を命じる」という原審判決を確定した。

大法院がこの日、損害賠償判決を出した強制徴用被害期間は概略1939年から1945年までだ。

日本は日中戦争を起こした翌年である1938年、国家総動員法を制定して強制徴用を本格化し始めた。

初期にはせめて雇用提供という名分で「募集」の形態を取っていた。だが、実際は日本企業が朝鮮総督府の許可を得て農村地域の貧しい人々をだまし、あるいは強圧的に連行していく方式だった。総督府は地域の末端行政機関に割当量を定め、警察や面長など地域をよく知っている人が直接出て割当量を満たした。

戦況が不利になった1944年からは対象を特定して徴用令状を発行する強制労務徴用方式も動員した。

このような形で強制徴用された朝鮮人数は日本と満州など朝鮮の外で動員された人が150万人、朝鮮内作業場に動員された人が約200万人と推定される。当時朝鮮の人口は約2500万人だった。

2018年10月31日11時26分
https://japanese.joins.com/article/635/246635.html?servcode=A00

日本統治時代の朝鮮人徴用


日本統治時代の朝鮮人徴用(にほんとうちじだいのちょうせんじんちょうよう)は、第二次世界大戦中に日本(大日本帝国)が日本統治時代の朝鮮において朝鮮人労務者を1944年9月から労務動員したこと。日本国籍を持っていた朝鮮系日本人だった当時に、戦時中の朝鮮人に対する動員(労務動員)や徴用を「強制連行」と表現することには議論がある。戦中の労務動員について朝鮮人労働者移入ともいわれる。戦後、戦時の朝鮮人徴用は歴史認識問題・歴史教科書問題、戦後補償問題として取り上げられてきた。
日本統治時代の朝鮮人徴用 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・先日も慰安婦の方がお一人亡くなりましたけど、また新たに一人慰安婦に認定されてました。永遠に減らない法則

・このままでは、売春婦と出稼ぎ労働者の総数が、当時の半島の生物の総数を超えるんじゃないかなぁ〜

・南京大虐殺()や従軍慰安婦()と同じで数字が不自然過ぎる規模で増える不思議。

・今更だが又ここまで言うの?てな感じです。韓国政府支援のただのボケ老人の戯言。私は許しませんよ。海外に向けてガンガン真実を発信しています。ただ余りにも反論をするには体力的に疲れるわ。

・今、韓国は仕事が無いから、何とか日本からむしり取ろうとしているみたいだが、びた一文払わない!韓国とは永久に断交で!

・私思うんですが。徴用工にせよ慰安婦にせよ、韓国の自称被害者がまだ生きているうちにウソ発見器にかかってもらうべきでしょう。彼らが正直に本当のことを言っているのを世界に向けて発信すべきです。って彼らは実際断固拒否すると思うけど。

・弱みを掴んだら骨の髄まで感がすごい!みっともない国。企業が撤退しないとやりたい放題になる気がします。ますます嫌いになりました。

・1940年の人口は、およそ2300万しかないのに。そのうち1000万とか、1500万とか、言い出すだろう。年明けぐらいに。

・ある意味期待通り。それでこそ韓国

・タカリ体質は相変わらずだが、彼の国は司法まで無茶苦茶だな。</span

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事