玉木雄一郎議員、“足りないからやるでは駄目

【外国人労働者】

玉木雄一郎
例えば親日的な国からだけにするか、国家の意思として選べる。我が国の国家戦略として、どういう国からどういう業種を入れてくるのか。足りないからやるでは駄目

稲田朋美
この国の人だから良くて、この国の人だから良くないというのではない

ちぢれ麺さんのツイート

玉木雄一郎 プロフィール


玉木雄一郎は、日本の政治家、大蔵・財務官僚。国民民主党所属の衆議院議員、国民民主党代表。民主党香川県連代表・副幹事長・政策調査会副会長、民進党幹事長代理、希望の党共同代表、希望の党代表、国民党代表、国民民主党共同代表を歴任。
生年月日:1969年5月1日 (年齢 49歳)
玉木雄一郎 - Wikipedia

稲田朋美 プロフィール


稲田朋美は、日本の政治家、弁護士。旧姓は椿原。自由民主党所属の衆議院議員、自民党総裁特別補佐・筆頭副幹事長。実父は政治運動家の椿原泰夫。 防衛大臣、内閣府特命担当大臣、国家公務員制度担当大臣、自由民主党政務調査会長、自民党福井県連会長を歴任。
生年月日:1959年2月20日 (年齢 59歳)
稲田朋美 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

これは玉木さんの考えの方を支持する。移民を受け入れるなら、差別なく、平等に、とか綺麗事で済む問題じゃない。確実に将来に問題が起こる。それはお隣の国の現状をみれば一目瞭然。

・今ですら日本各地で左翼が大規模デモしている。この人数がさらに増える事になる。道を歩いている日本人を日本人だから刺したとか言って殺○まくるやつも増えるだろう。

・珍しく玉木に賛成!反日国から入れるべきでないです。

・国は選ぶべきだろう。差別主義者!と言われるの恐れてか善人ヅラで平等ぶるのはもうやめてくれ。仮にあ○どもに差別!と言われたら国民に代わって毅然と反論しろよ。何のために結構な金で公僕させてると思ってんだよ。善人ヅラさせるために働いてもらってるんじゃないんだよ。

・もちろん出来るなら国を選びたいけど、現実問題として出来るのか、そんなことが?外交問題になるのは必至だよ?考え得るのは「安全保障上の問題となるおそれのある国」ぐらいではないの?それにしたって、なかなか困難な気がするんだけど。

・わざわざ反日特亜人なんか入れてどうする。

・珍しく玉木と同意見だが、玉木が選ぶ対象の国が中国だろうからやはり平行線www

・現実これ、移民を、受け入れるにしても実際選べない。

・「防諜」面から考えても当然選択は必要でしょう🤔

稲田は敵性国家からも受け入れる気満々だな。この場合は玉木の発言のがまともやね。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事