LGBT表現撤回の意思明言せず

▼記事によると…

・自民党の杉田水脈衆院議員は24日、月刊誌の寄稿で性的少数者(LGBT)を「『生産性』がない」と表現したことを巡り「誤解を招き、心苦しく思っている」と国会内で記者団に語った。

・ただ、表現撤回の意思を問う質問には明確に答えず「言葉が不適切だった。人権を否定するつもりはないし、差別的なことを考えたこともない」と述べるにとどめた。

・議員辞職する考えはないかを問われると「研さんを積んでまいりたい。政治家として行動で示していくしかない」と否定した。

2018/10/24 12:36
https://this.kiji.is/427669837444531297

杉田 水脈 プロフィール


杉田 水脈は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員。新しい歴史教科書をつくる会理事。鳥取大学農学部卒。
生年月日:1967年4月22日 (年齢 51歳)
杉田 水脈 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

これでもうケジメではないでしょうか。杉田水脈議員の発言は確かに言葉に不適切なところはありましたが本質は別物だと思います。その言葉の使い方を謝罪した以上私はこの件で責めることは単なる暴力に過ぎないと思います。

・杉田水脈議員が「生産性がない」という言葉を投稿文で書いたことは間違いだったと思う。早く表で謝罪した方がいいと思っていた。これが必要だった。

・偉い!それでいい。そしてLBGTの人々の味方として、法律審議に入ってくれ。

・本来の意味からすれば、全然不適切ではないです。その意味では謝罪は不要。ただ、結果として騒動を巻き起こした、その一点においての謝罪と受け止めます。

・謝るような論旨やなかったのにね。こんな騒動、日本人がアホやと思われるからやめてんかマジで。

・自民国対から言わされてるのかな?

・これで終わる話。ホント、これだけ。

・そうだね!でも間違ってないよ。

・日本国民は杉田水脈議員を守らねばならない。

・言いたいことはわかるが、あれな連中に揚げ足を取られない言葉のチョイスをするべきだった、これに尽きる。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事