Kanjuさんのツイート

経団連すごい!

歴代会長の誰にもなし得なかった大改革!

パソコンを初めて部屋に持ち込み、メールを使ってペーパーレスの大改革!

▼記事抜粋

・経団連会館の23階にある会長執務室。中西が部屋の主になった5月、卓上にはじめてパソコンが備えられた。

・中西はメールで思索の進展状況などを問う。部屋でパソコンを操る財界総理はいなかった。

・メールを受け取った職員の1人は言う「最初は本当に驚いた。これが中西さん流だ。主に紙でやり取りしてきた職員の働き方も変えようとしている」

↓↓↓

ここからわかるのは、「今まで歴代の偉い人は20年間メールの使い方の勉強もしてこなかった、知的好奇心のない人が日本企業のトップをしていた」ということです

中西宏明 プロフィール


中西宏明は、日本の実業家。学位は修士。現・株式会社日立製作所取締役会長兼代表執行役、一般社団法人日本経済団体連合会会長。元・代表執行役兼執行役社長兼取締役、元・代表執行役兼執行役会長兼CEO兼取締役。一般社団法人中東協力協会会長、公益財団法人奈良先端科学技術大学院大学支援財団理事。
生年月日:1946年3月14日 (年齢 72歳)
中西宏明 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

この記事オモロイですね。コンピュータが普及し始める前、コンピュータなんて下っ端社員が使うもの、エライ人は口述筆記ってな時代があったんですよね。50年近く経ってもやってたなんて(笑)。

・この記事を読んだ人の方が驚きました。もう老人クラブなのですね経団連は。一人でトイレに行けて拍手喝采されるみたいなもの。

・10年くらい前、某巨大グローバル会社のCEOに直接メールした事あるけど、普通に返事が返ってきました。(末端社員としては超怖かった。)😅答える答えないは別として、日本の大企業経営者とグローバルとは、スピード感も行動力も驚くほど違いますね。

・虚構新聞じゃなかった…

・猿が初めて知能テストをクリアしたみたいな取り上げ方されてて草

・もはやメールも古くて今の主流はチャットツールなんですけどね。。

・これだけゆるゆるの超ホワイトな職場でありながら、メールも使えないのをトップに担ぎ上げていたとは、どれだけ一般企業から吸い上げてんだよと( ´Д`)

・おそらくメールは秘書にプリントアウトさせて、紙で読んでいたと推察。

・何という老人会。必要なのはパソコンではなくて介護

・これ、今日の記事?20年前のじゃないの!? マジ?

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事