チカン慶大生「捕まると思った」 線路を逃走

▼記事によると…

・電車で痴漢をした後、線路に降りて逃走したとして、慶応大学1年・長谷川敬史容疑者(20)が迷惑防止条例違反などの容疑で逮捕された

・長谷川容疑者は2018年6月、電車内で痴漢行為をして、被害者の女子大生(19)に京王井の頭線明大前駅で降ろされると、ホームから線路に飛び降りて逃走。電車は緊急停止した

・長谷川容疑者は容疑を認め、「警察に捕まると思った」などと供述している

10/22(月) 12:51
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20181022-00403719-fnn-soci

迷惑防止条例


迷惑防止条例とは、公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等を防止し、もって住民生活の平穏を保持することを目的とする、日本の条例の総称である。
迷惑防止条例 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・こんな事するために、慶応ボーイになったんか⁉️

・安心安全の慶応ブランド…

・6月の事かよww

・慶大生って一体何を勉強してるの?悪いことしたら捕まるってことを勉強してないの?さすがに女性関係の犯罪が多い。

・慶応大、盛んですな…

・逃げても逮捕されると思うけど。バッ○じゃないの。

・こう言う奴の所為で女性専用車とか言う世界的に見て恥ずべき性差別が罷り通ってしまうんだよ。女性専用車に男性が乗るなって事は、男性は皆痴漢かもしれないから乗るなって言われてると同義だからな。こういう奴らの所為で

・もしかしてお金出せば入れるんじゃないの…

・福沢諭吉が草葉の陰で泣いてそう

・真面目に頑張っている慶応生が可哀想。慶応のイメージ悪くなりました。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事