ジェンダーの平等 実現するには? 高校生が提言

▼記事によると…

・全国の高校生が集まって男女の差別がない「ジェンダーの平等」を実現するためには何が必要かを考える催しが東京都内で開かれ、男性が家事や育児を分担して女性の社会進出を後押しするアイデアなどを提言した。

・男女の権利の平等を目指す国連機関「UNWomen」と、大手化粧品メーカー「資生堂」が開いたもので、応募があった全国25の高校の中から選ばれた8校が、渋谷の国連大学で提言を発表した。

・愛知県立旭丘高校は、女性の管理職や総合職が少ないのは家事や育児の分担が女性に偏っているためだと指摘して、月に1度『家事の日』を作り、父親が家事を分担する姿を子どもの頃から見せるというアイデアを発表した

・東京の海城高校は男子校の視点から、ジェンダーの問題は女性から男性に訴えるよりも男性どうしのほうが冷静に議論できるのではないかと指摘。学校にジェンダーを考える場を作ることなどを提言した。

2018年10月20日 20時47分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181020/k10011679431000.html

ジェンダー


ジェンダーは社会的・心理的性別を指す。
ジェンダー - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

可愛そうだけれど、自分では性差別をなくす提案してるつもりが、最初から家事は女性がするものという差別認識からのスタートになってる。うちに遊びに来るか?毎晩パパの手料理ご馳走してあげるぞ。

・「月にいちどは父親が家事をやれ」そして「女をまじえずに男同士で話し合うのがいちばんだ」というのがいまどきの高校生の精一杯らしい。吐き気がする。

・月1回の家事日とな控えめに言っても50年前のアイデア。問題意識はあっても出てくる中身がこれなのは、ジェンダー教育の不足なんだろう。

・この高校生かわいそう。彼は彼なりに考えたんだろうが、残念ながら幼稚なアイディアだった。「男の家事は月に1度とかおかしくないか」と止めてくれる大人がいなかったことが問題。

・結局は自分の望むような理想な人を見つけるしか無いですよね。平等!平等!おかしい!おかしい!って他人に押し付けるのもおかしくない?

・月1かぁ。何でもお母さんがやってるんだな。

・なんでこんなに時代錯誤な提言ばかりが出てくるの?男だって家事は毎日できるよー。 サザエさんも共働きに設定変えて、波平もマスオさんも家事しなきゃね。

・海城の子の意見、男子校という事を勘案して身内でもっと話さなければ、という風に建設的に捉えることは出来る。でもそこで何故「女性が訴えるよりも」となるのか?この辺りが日本の現状と見据えて、今回のようなイベントはもっと有って良いとは思う。

・なぜそうおもったのか、そこから議論してみたらよいとおもう。本当に。

・月に一度?  月に一度! 月に一度!!  月に一度の家事で平等???

 

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事