(朝鮮日報日本語版) ローマ法王、訪朝を快諾したわけではなく「都合がつけば行く」と答えただけだった

▼記事によると…

・韓国大統領府と与党は19日、ローマ法王の訪朝を既成事実化する発言を相次いでした。

しかし、ローマ法王フランシスコは文在寅(ムン・ジェイン)大統領が伝えた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の「平壌招待」提案に、 英語で「available」(可能な、時間の都合が付く)という意味に当たる原則的な回答をしていたことが分かった。

この表現をめぐり、「事実上、訪朝を承諾したもの」と解釈した大統領府の説明は、実際の法王の意向とは違いがあるのではないかとの指摘も出ている。

10/20(土) 9:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181020-00000431-chosun-kr

フランシスコ プロフィール


フランシスコは、第266代ローマ教皇。就任は3月19日であり、この日にサン・ピエトロ広場において就任ミサを執り行った。
生年月日:1936年12月17日 (年齢 81歳)
フランシスコ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・行けたら行くわ

・知ってた

・いつもの事じゃんw

・世界的な「行けたら行く」

・無条件で返事はする(Yesと答えるとは言ってない) 行くことができる(行くとは言ってない)

・政治利用すんなって法王庁が再三言ってるのに、前回も売春婦の婆を最前列に連れてきて法王に会わせただろほんとゴ◯やで

・available言うただけでこれやで

・行けたら行くは万国共通の断り文句だったんだね

・法王まで「行けたら行く」って言うのかよw

・やんわりした拒否ってのは世界共通なん?

・行けたら行くワロタ

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事