生後12日の乳児への性的暴行で収監された男、他の受刑者から激しい暴行を受ける(北アイルランド)

▼記事によると…

・イギリスでは、児童虐待の罪を犯した者は刑務所で他の受刑者らから激しい暴行を受けると言われている。

・生まれて間もない乳児に性的暴行を働き逮捕された25歳の男は、収監先の刑務所で別の受刑者に暴行を加えられ、現在は刑務所病院内に移動になったようだ。

・加害者の25歳の男は、事件から数時間後に新生児への性的暴行と意図的に重傷を負わせた罪で逮捕され、北部では最も警備レベルの高い刑務所のひとつとされている、リズバーンのマガベリーにある刑事収容施設「バン・ハウス」に収監されていた。

・男は事件内容からみても他の受刑者らに暴行を受ける可能性が高いと考慮され、テロリストや殺人犯、暴行事件を起こしたギャングらから離れた特別な独房に収監され、24時間体制で警備が敷かれていた。

・なお、この男により重傷を負った乳児は、現在もまだRoyal Belfast Hospital for Sick Children(ロイヤル・ベルファスト子供病院)のICU(緊急治療室)で治療を受けている。残虐な事件を起こした加害者であるはずの男が、刑務所では人権と福祉のために24時間警備付きで守られるという矛盾に怒りを感じる者は決して少なくはない。

2018/10/16 09:30
https://news.nicovideo.jp/watch/nw4028607

北アイルランド


北アイルランドはノルマン城、氷食谷、山々、ケルトおよびキリスト教のモニュメント、海岸線のゴルフコースで知られる、イギリスを構成する地方です。政庁所在地ベルファストでは、20 世紀の「厄介事(北アイルランド問題)」という紛争を描いた政治的な壁画を見ることができます。また有名なタイタニック号が造られた造船所跡が再開発され、現代的な博物館タイタニック ベルファストが建っている、タイタニック クオーターなどがあります。
北アイルランド - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・日本なら数年手厚い保護に独房入ってるだけで出所できるぞ。

・レ○プ犯をボコボコにする正義感がありながらなんで刑務所に入ってるんですかねぇ…

・刑務所内の私刑が一種の文化になっちゃってるのはキリスト教圏だからだと思う。宗教的な教えに反していた場合は大義名分になるからね。勿論、キリスト教に限った話じゃないけど。

・ク○でも越えちゃいけない一線を越えたって感じかね。私刑を推奨するわけじゃないがまぁ因果応報よな。

・ク○とク○が潰し合って最終的にチリ一つ残さないで消えて無くなればいいのに

・ク○を叩いて自分を正当化するク○

・確かにざまぁ案件だけどリ○チしたほかの受刑者どもも社会的ク○には変わりないので賞賛する気にはならない。ただ単に刑務所暮らしの鬱憤をク○への制裁というもっともらしい大義名分振りかざして晴らしたかっただけだろ

・犯罪者の正義感怖い。警察もこんなク○を守らなきゃいけない正義

・これは義憤や正義じゃないだろ。ムショに入るぐらい自制が効かない連中が「リ○チしても自分たちは批判されづらいサンドバック」なんて玩具見つけたらどうなるなんて火を見るより明らか 新生児レ○プ犯も口実見つけて他人に手を挙げる暴行犯も度し難いク○である事に何の違いもない

世間一般的にク○扱いさえる人間から見ても許せないレベルだってこと。 法に守られるべきでない人間には原始の理屈がお似合いかな。気に入らないやつは死○って原初の法則が。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事