消費税10%の経済的影響小さい 黒田日銀総裁が見解

▼記事によると…

・国際会議に出席のためインドネシアを訪問している日銀の黒田総裁は、来年10月に実施する予定の消費増税が日本経済に与える影響について、4年前の8%に引き上げた時より小さいという見方を示しました。

10/14(日) 18:34
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20181014-00000023-ann-int

黒田東彦 プロフィール


黒田東彦は、日本の銀行家、元財務官僚。第31代日本銀行総裁。財務官を最後に退官し、一橋大学大学院教授、アジア開発銀行総裁を経て現職。財務省内での愛称は「クロトン」である。
生年月日: 1944年10月25日 (年齢 73歳)
黒田東彦 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・俺たちの本音としては消費税は下げて欲しいんだ。むしろZEROにして欲しい

・じゃ上げるなよ

・軽減税率での負担が増えるから影響ないわけないだろ

・影響は大きくないってだけでマイナスにはなると言ってるわけだよな

・庶民は食料品ぐらいしかお金使わなくなるぞ

・大きい買い物がしづらくなるだろ。消費税は下げるべきだよ

・経済を拡大しようとして、経済縮小政策をガンガン推し進めるという狂気

・いい影響も無いのかよ

・実際、前回もあんまり影響なかったしな

・働いて報酬貰うと税金取られて、使おうとすると税金取られる。年金貰えるのか良くわからないけど、社会保障費はいつの間にか上がってる。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事