松本人志、愛媛ご当地アイドル自殺に「死んだらみんながかばってくれる風潮がすごく嫌なんです」

▼記事によると…

・14日放送の「ワイドナショー」で愛媛県が拠点のアイドルグループ「愛の葉Girls」メンバーとして活動し、3月に自殺した大本萌景さん(当時16)の事件について

・松本人志(55)は、今回の裁判に「こういう自殺の話になったときに、原因をみなさん突き止めたがるじゃないですか」とした上で「正直言って、理由なんて自殺、ひとつじゃないと思うんですよ。いろんな複合的なことが重なって、許容範囲を超えちゃって、それこそ水がコップからあふれ出ていっちゃうんだと思うんです。これが原因だからってないんです。ないから多分、遺書もないんです」と自身の見解を示した。

・さらに「これは突き止めるのが不可能で、もちろん、ぼくは事務所が悪くないとも言えないですし、言うこともできないんですけど、我々、こういう番組でこういう自殺者が出てこういうニュースを扱うときになかなか亡くなった人を責めずらい、責めれないよね。でも、そうなんやけど、ついついかばってしまいがちなんだけど、ぼくはやっぱり死んだら負けやっていうことをもっとみんなが言わないと、死んだらみんながかばってくれるっていうこの風潮がすごく嫌なんです」と持論を展開した。

・「勉強、授業でも死んだら負けやぞっていうことをもっともっと教えていくべきやと」と訴えていた。

10/14(日) 10:29配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181014-00000055-sph-ent

松本人志 プロフィール


本 人志は、日本のお笑い芸人、映画監督、作家、随筆家で、ダウンタウンのメンバー。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。 愛称は松っちゃん、人志松本。
生年月日: 1963年9月8日 (55歳)
松本人志 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・間違っても自死が選択肢にならない世論形成が必要ですね

・彼女と同じ様な人がいるということが怖い。

・自殺にも二通りあるような気がします、精神を病んでしまって24時間死ぬことしか考えられなくなる人と、発作的に自殺してしまう人。発作的に自殺してしまった人は後悔してるんじゃないかって、、何れにしてもまだまだ人生始まったばかりだったのに、選択肢は沢山あったはず、、何を言っても遅いけど。

・松本さん、言いづらい事をよくぞおっしゃって下さいました。これを機に自殺者を更に減らす動きに繋がればと思います。

・確かにそうで正しい意見。でも難しい。もう死ぬことしか考えられなくなるようなおかしい状況になるとそこからは難しい。うつの人はわかるはずだけど、何をしても見ても聞いても四面楚歌状態がある時ある。そんな正常な思考力を失った人に死んだら負けだと言っても何も響かない。そこを理解してほしい。

・ほんとのことは明るみに出てくるんだろうか。今の時点で間違いなくどちらかは嘘をついてるか、著しい思い違いをしてるわけだから。亡くなる前に。。。

・まっちゃんの意見って、いつも核心をついていて、ハッとさせられる❗どこかに逃亡しちまった誰かさんと大違いで、本当に素晴らしい芸人だよ。

・自殺するぐらいなら、そんな環境から逃げまくっちゃったほうが「勝ち」だと思う。少しでも自分らしくいられる場所はいくらかはあると思う。てか思いたい…。

・松本氏の意見は正しいと思いますが、この件の本質は、アイドルを辞めると言ったら1億円の賠償と言われて逃げ場が無くなったことではないでしょうか?もし1億円の話が本当ならば責めるべきは事務所ではないでしょうか。

・明石家さんまの、生きてるだけで丸儲けに通じるな

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事