玉城デニー知事、訪米に意欲 菅長官にも説明

▼記事によると…

・玉城デニー沖縄県知事は12日、国会内で国民民主党幹部への就任あいさつし、辺野古新基地建設問題を解決するために訪米する意欲を示した。「11月にも行きたいと話している」としつつ、県議会など日程調整が必要とした。

・玉城知事は、国会を訪れる前に会談した菅義偉官房長官に「アメリカは基地問題を日本(政府)と沖縄の問題で片付けようとするが、米国の問題でもあると世論に訴える」と説明したと報告。自らの父親が米国人であることから「アメリカにルーツを持つ日本人が(2度の知事選で辺野古反対の意思が示されたと)言うのは違うと思う」と訪米する理由を語った。

2018年10月13日 12:10
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/329256

玉城デニー プロフィール


玉城 デニーは、日本の政治家、元タレント。沖縄県知事。前衆議院議員、自由党幹事長兼国会対策委員長。元沖縄市議会議員。本名は玉城 康裕。
生年月日: 1959年10月13日 (年齢 58歳)
玉城デニー - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・順番がわからない方なんですね(ー ー;)

・行っても門前払いされて終わりだよ。ア◯かこの知事は?

・単なる凱旋旅行も「基地問題を訴える!」って言っておけば、自分の財布は痛まないからな!

・集団自衛権を持たない日本が自立したい!とかアメリカ国民へ訴えても、確実に笑われるだけで終わると思いますが💦💦銃社会の中で生活するアメリカ国民は、デニーが考えるほど、甘くはありませんよ💦

・翁長氏も叶わなかった事なのに、自分は出来ると思う根拠は…サ市?

・それって知事の仕事?旅行行きたいだけだろ?

・やっぱりあ◯だったか。地域のお涙頂戴と国防を天秤に掛けて相手にされるような国ではない。韓国人並みのア◯な中国スパイと認定されるのがオチ。

・県知事が外交やってどうすんねん。反政府確定で補助金打ち切り、政治的配慮は一切不要。自分の親の墓参り行くついでとちゃうんか?

・先ず、知事としての基盤を固めてから色んな事案に取り組むべきで、うけの良い事だけに力を入れても後が続きませんよ。県知事の仕事は基地問題だけではありません。

・恥の上塗り。防衛問題は知事の仕事じゃないとどれだけ言えばわかるのか。やってることは国連行って嘘振り撒いてる某国と同じ。恥ずかしい。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事