トランプ氏が「シンゾーは説得する天才だな」 甘利氏

▼甘利明・自民党選挙対策委員長(発言録)

・(日米首脳会談での)トランプさんは安倍晋三総理とケミストリーが合う。

(トランプ氏)「アメリカ軍が日本に駐留して日本を守っている。これは相当なコストがかかっている」

(安倍氏)「いやいや大統領、日本は経費を7割負担している。もし米軍が本土に引き揚げたら、丸抱えで経費をみるんですよ。日本にいるから安上がりになっているんじゃないですか」

(トランプ氏)「ジーニアス。シンゾーはオレを説得する天才だな」。

非常にみごとなやりとりだと思う。そういう仲で(米国と)結ばれているから、日本は非常にうまくやっている。
(自民党静岡県連の会合で)

2018年10月12日20時59分
https://www.asahi.com/articles/ASLBD6HHDLBDUTFK01V.html

甘利明 プロフィール


甘利 明は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、さいこう日本代表、自由民主党選挙対策委員長。 労働大臣、経済産業大臣、内閣府特命担当大臣、内閣府特命担当大臣、通商産業政務次官、衆議院予算委員長、自由民主党政務調査会長、自由民主党財務委員長、自由民主党行政改革推進本部長等を歴任した。
生年月日: 1949年8月27日 (年齢 69歳)
甘利明 - Wikipedia

ドナルド・トランプ


ドナルド・ジョン・トランプは、アメリカ合衆国の実業家、政治家。第45代アメリカ合衆国大統領。不動産会社トランプ・オーガナイゼーションの会長兼社長を務めており、カジノ・ホテル運営会社トランプ・エンターテイメント・リゾーツの設立者である。
生年月日:1946年6月14日 (年齢 72歳)
ドナルド・トランプ - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・安倍晋三という政治家が何故に世界外交でトップ達と同じ土俵で戦って行けるかが分かるエピソード! 日本には彼以外にこれ程の交渉と駆け引きが出来る政治家はいない

・ビジネスマンだから利益について話てやれば簡単に説得出来るという話

・まさに悪代官と越後屋のやり取り。それを得意げに喧伝する甘利氏は醜悪だ。

・この記事の担当記者は贔屓の引き倒しをしているのか、皮肉のつもりでやっているのか

・はぁ???これのどこが見事なやりとりなんだ?誰か説明してくれ( ・∀・)

・どこからどう読んでも、安倍はトランプの最高の太鼓持ちって読めるんですけど…

・交渉上手い人は仕事も結果出せるね

・安倍総理って営業マンの才能あるよな。相手の魅力感じる部分把握して一撃で考えを変えさせるのは理想形だよね

・全然大したことないのに「すげえだろ」と威張っている子どもみたいなことを、いい大人がやっているわけで…。お笑い自民党のネタか? 

・ケミストリーって言われても歌手の方しか思い浮かばない

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事