エールフランス、皇居上空を低空飛行 国「異例の事態」

▼記事によると…

・羽田発パリ行きのエールフランス293便(ボーイング777)が8日深夜、離陸直後に通常ルートを外れて皇居上空など東京都心を低空飛行していたことが11日わかった。羽田発の航空機は都心の騒音被害を避けるため、離陸直後に旋回して東京湾上空を飛行するのがルール。国土交通省は異例の事態として、同社に説明を求めている。

国が定める規則では、羽田を離陸して北上する際は約7・4キロ以内に右旋回しなければならない。だが国交省によると、同便は8日午後11時13分ごろに羽田空港のC滑走路を北向きに離陸後、そのまま北上し、同14分に品川駅上空を通過した後に東に旋回した。同15分に皇居上空を通過し、同16分に江戸川区の荒川上空を通って東京湾に出た。国交省に騒音の苦情は寄せられていないという。

2018年10月11日16時33分
https://www.asahi.com/articles/ASLBC46K1LBCUTIL011.html

エールフランス


エールフランスは、フランスの航空会社。ヨーロッパでは1位、世界では4位の規模である。
エールフランス - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・これはマクロン大統領が謝罪するレベル

・強制着陸からのクルーを拘束してもいいレベル

・これは絶対わざとだな。国際問題になるってわからなかったのか?

・めちゃくちゃ狙ってるとしか思えないな わざとだろ

・確実に喧嘩売ってるだろ。馬◯にしやがってふざけんな

・間違えて横田空域に入ってくる恐れあり。ちょっと関東の空は特殊な事情がある

・エールフランスには失望したわ

・そのルート飛ばれて自衛隊がスクランブルもかけない異常国家

・フランスが素直に謝ればそれで終わりなんだけどな。ちっうっせーなって態度取るだろうな

・多分ミサイル撃たれて民間人が数千人死んでも、遺憾の意で終わると思う

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事