石田総務相、NHKに「受信料値下げ、真剣に検討を」

▼記事によると…

・石田真敏総務相は12日の閣議後の記者会見で、NHKの受信料について、「国民の受信料に支えられていることを踏まえ、真剣に真摯に検討を進めてほしい」と早期の値下げへの期待を述べた。

受信料値下げをめぐって、NHKの石原進経営委員長が9日の記者会見で「収入状況は堅調で、できる限り視聴者に還元することは考えていく必要がある」と発言、値下げの開始時期も前倒しする姿勢をみせていた。NHKは総務省が9月に開いた有識者会議でも、引き下げも含めた方向性を今年末までに示すことを明らかにしている。

2018.10.12 11:47
http://www.sankei.com/economy/news/181012/ecn1810120011-n1.html

石田真敏 プロフィール


石田真敏は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(7期)。総務大臣(第4次安倍改造内閣)、財務副大臣(麻生内閣)、和歌山県海南市長(2期)、和歌山県議会議員(3期)、衆議院法務委員長を歴任。
生年月日 1952年4月11日(66歳)
石田真敏 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・国民はスクランブル望んでるねん

・真剣に検討するのは「民営化」の方が先だろ。

・報道機関に干渉するなど言語道断

・まず放送法を時代に合わせて修正しろよ

・国営化して職員の給与を人事院勧告に従わせろ

・値上げしてスクランブルで良いよ

・国会答弁でNHKの会長が値下げ出来ない理由として職員給料を下げたら優秀な人材が入って来なくなるから無理と言っていた。一理ある

・はい報道の自由に対する干渉だ。総務大臣を辞任しろ

・廃止しろ

・安心公正のスクランブルなら、受信料の取りっぱぐれが無い、徴収員も要らない。極めて合理的なシステムですね

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事