携帯料金値下げ 毎月5,000円程度に

▼記事によると…

・携帯料金の家計負担をめぐり、政府は、現在月8,000円程度の大手携帯会社の料金を月5,000円程度にまで引き下げるよう、促す方向であることが、テレビ東京の独自の取材で分かりました。

携帯料金をめぐっては、菅官房長官が「4割引き下げる」との方針を明らかにしていますが、こうした方針に大手携帯会社は反発していて、激しい綱引きが始まっています。

こうした中、政権幹部は、テレビ東京の取材に対し「携帯大手の料金を月5,000円程度に引き下げたい」との考えを明らかにし引き下げ後の金額のめどを、初めて具体的に明らかにしました。 その上で、大手携帯会社は月5,000円程度、格安スマホ事業者は月3,000円程度として棲み分けさらに競争を促したいとの考えも示しました。

総務省の家計調査をもとに計算すると、1世帯当たりの携帯料金は毎月8,300円あまりでした。

10月10日(水)
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/you/news/post_164282


菅義偉 プロフィール


菅義偉は、日本の政治家である。自由民主党所属の衆議院議員であり、内閣官房長官、沖縄基地負担軽減担当大臣、拉致問題担当大臣である。 横浜市会議員、総務副大臣、総務大臣、内閣府特命担当大臣、郵政民営化担当大臣、自民党幹事長代行などを歴任した。
生年月日:1948年12月6日 (年齢 69歳)
菅義偉 - Wikipedia

縛り(携帯電話)


携帯電話における縛り(しばり)とは、携帯電話・PHSで長期間(最低2年以上)の使用(事業者などとのサービス利用契約)を前提に、電話機の購入費用あるいは基本料金や各種サービス利用料金の割引を行う制度の俗称。また、そのような制度を行う料金プランのことを指す。
縛り(携帯電話)- Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・それでも高いけどね。今までぼったくた金をどこに使ったのやら…。

・いいぞ!!!どんどん値下げしろ!!!俺は来週でやっとく○キャリアからおさらばだけどな!!

・5000円でもたけーよ。情強は格安SIMを使う。

・携帯料金に10000円近く払う人ってどういう状況?うちは二人で6500円とかなんだけど。

・値段もそうだけど年縛りで違約金発生するの廃止させろ

・謎のオプションと抱き合わせ販売されて結局変わらなさそう

・月額3千円値下げの3千円ってさ、仮に1ヶ月の個人消費を15万円とすると、ちょうど消費税2%分なんだよね。

・こうやって無理な負担が生まれてブラック企業が生まれるんだな

・日本は計画経済の社会主義国だったのか?

・お?これは今後の動き注目だね。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事