DAPPIさんのツイート

百田尚樹
NHK記者が柴山大臣に教育勅語について質問したのにメディアは『就任早々から教育勅語の素晴らしさを訴えた!』と報じた。今回は失言ではないが、このようなメディアを失言狙いのやり方は大昔からある。酷い

失言狙いの質問や批判する為の質問をするマスコミの姿は無責任野党と酷似

柴山昌彦 プロフィール


柴山 昌彦は、日本の政治家、弁護士。文部科学大臣。自由民主党所属の衆議院議員。 内閣総理大臣補佐官、総務副大臣、外務大臣政務官、衆議院内閣委員長、自由民主党総裁特別補佐・筆頭副幹事長等を歴任した。
生年月日: 1965年12月5日 (年齢 52歳)
柴山昌彦 - Wikipedia

百田尚樹 プロフィール


百田 尚樹は、日本の放送作家・小説家。大阪府大阪市東淀川区出身。
生年月日:1956年2月23日 (年齢 62歳)
百田尚樹 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・大臣になったばかりの人に聞く質問ではないですねー。

・政府は、失言狙いの質問をする悪質な記者を、出入禁止にしてください!極めて不愉快です!

・マスメディアなんでもありですな

・もう「騙せる連中だけでも騙しとこう」というやけっぱちさを感じます。

・NHKは、もう既に国営放送ではありません!国会議員の皆様に頑張って頂いて民間放送に降っていきましょう。政府広報などは、文字放送やデータ放送もありますし時間枠を買い取っての無加工での放送で十分だと思います。NHKは、中立を保つなら編集や改編、解説をせずソースをそのまま流すべき!

・マスコミは言論の自由の敵‼️

・こんなことしかしないからマスゴミなんです

・悪意のある質問だよね。同胞を大切にするとか国際的な協調を重んじるとか教育勅語を例えにする必要ないでしょ…とか言う意見をみたが、笑うしかない

・NHKが何回も繰り返して報道してた。

・国会の特定野党も反日メディアも失言引っ張り出して失脚させたら成果だと思ってる無能集団だからどうしようもないな。そんな小さいことより国政の議論で戦えと思うわ・・まあ正面から戦ったら無知すぎて議論出来ないからそういう戦い方してるんだろうけど・・・

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事