虚偽説明は「勇み足」 加計氏会見、疑念消えず

▼記事によると…

・学校法人「加計学園」(岡山市)の加計孝太郎理事長は7日、学園が運営する愛媛県今治市の岡山理科大獣医学部で記者会見した。学部新設を巡り、理事長と安倍晋三首相が面会したと愛媛県や今治市に虚偽の説明をしたとされる学園の渡辺良人事務局長について「事が前に進まず、勇み足で誤解を招くようなことを申し上げた」と述べた。

加計氏は「記録がないので会っていないと思う」と改めて面会を否定したが、この日の会見でもあいまいな説明に終始。学部新設が「加計ありき」で進められたとの疑念は解消されなかった。

問題発覚後、加計氏が愛媛県で会見するのは初めて。

(共同)

2018年10月7日 21時46分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018100701001664.html

加計孝太郎 プロフィール


加計 孝太郎は、日本の教育者。加計 晃太郎とも表記される。学校法人加計学園理事長・総長、日本私立大学協会理事。
生年月日: 1951年7月2日 (年齢 67歳)
加計孝太郎 - Wikipedia

動画を見る

関連動画

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・安倍総理と会うという事があれば、少なからず記録に残る方が自然ですよね?その記録が無いという事は会っていないのだと思うとはっきり言い切っておられるのに、その意味を理解出来ないのかこの記者は。会っていないとは言い切れないという所にすがる情けなさを感じますね。

・またまた朝日ですか?

・意味わからないこと言ってる加計。こんなこと言うための記者会見?愚劣極まりない。

・記者の皆様がたは、3年前に朝から晩まで誰と何処で会っていたか、もちろん説明出来る記者ばかりなんだね!とりあえず、この記者は自分に自身があるよね?

・官房長官の定例会見でもこれくらい食い下がってほしいもんだ。噛みついてるの望月さんだけだもんね。

・終わらないですよと詰め寄った記者さんは何処の記者さん?立派な人だ

・マスゴミは遥かに真っ黒な関西生コンはスルーですか?こちらは「悪魔の証明」の必要もありませんけど。

・「悪魔の証明をしろ」をかれこれ2年近くやり続けて恥じることもないのだから、日本のメディアはそういう(正義とは無縁)なレベルだということにはほぼ確信が持てますよ。加計問題はメディアの信頼性崩壊の事件として歴史の教科書にのるでしょうね。

・国民ほぼ興味ないですよね。これしかネタ無いカスゴミや野党の要請ですかね。

・是非この記者の方に聞きたい。「3年前の2月25日の昼飯に何を食ったのか?」「ラーメンを食っていないのか?」「何でそう言えるのか?」

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事