慰安婦像の設置を主導した団体が反論「大阪市長は真実を恐れている」 | ついに姉妹都市の解消にまで発展…

▼記事によると…

・1957年から続いてきた大阪市とサンフランシスコ市の姉妹都市提携が、今月2日、解消された。この騒動は地元紙「サンフランシスコ・クロニクル」はもちろんのこと、英国の「ガーディアン」紙や「BBC」でも報じられるなど、国を越えて話題になっている。

・日本の報道と異なるのは、慰安婦像を設立した団体「慰安婦正義連合」の声明が紹介されている点だ。「サンフランシスコ・クロニクル」は共同代表を務めるリリアン・シンのこんなコメントを取り上げている。

「大阪市長の行動には非常に悲しい思いをしています。そこには未来に向けたリーダーシップもビジョンもなく、ただ歴史を否定し続けようとしているだけです」

また、彼女のコメントは「ガーディアン」でも取り上げられており、「一つの記念碑をめぐって関係を解消するなど理不尽ですし、不条理です」「大阪市長と日本の首相が真実を恐れており、歴史を否定しようとしているのかが示されています」といった言い分が掲載されている。

10/5(金) 15:02配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181005-00000003-courrier-pol

↓↓↓

吉村洋文大阪市長のツイート

吉村洋文
サ市の日本領事館。安倍総理まで批判されてます。真実を恐れて歴史を否定しているらしいです。我々の先人は国と家族を守るため命をかけて戦いました。国としてサ市の慰安婦像について真実を明らかにするため戦う覚悟があるなら僕も現地に入って参戦します。

吉村洋文 プロフィール


吉村 洋文は、日本の政治家、弁護士、税理士。大阪市長、大阪維新の会政務調査会長。衆議院議員、大阪市会議員、おおさか維新の会政務調査会長等を務めた。 2018年現在在職中の政令指定都市長の中では千葉県千葉市長の熊谷俊人に次いで2番目に若い。
生年月日: 1975年6月17日 (42歳)
吉村洋文 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・吉村市長を支持します。

・かまってちゃんだったら嫌やな。とりあえず断交で!!!

・前にも書きましたが、吉村市長を支持します‼

・参戦じゃなくて貴方が仕掛け人なんだから貴方が率先してやるのが筋でしょ?旧日本軍が如何に戦ったのかと言うことと、慰安婦問題の設立運営プロセス全然違う問題。その第三者的ポジションは貴殿のサ市への手紙にも表れてた。勇ましい言葉もいいけど、ご自分でけつ拭いてくださいよ。

・闘いましょう。正義と日本の誇りのために。

・応援します。ここまで言える方は中々いない。

・日系人が戦前から多いのにもかかわらず、このような一方的な誤解があるサンフランシスコ。朝鮮人が戦後如何に増えているかがこれで理解出来る。朝鮮の国家的な策謀を強く感じるし、米国人の極東アジアの理解度はこの程度なのである。そうは言っても逆も真なりでは有る。地道に真実を訴えるしかない。

・どうぞ今すぐ大阪市長を辞めて下さい。あなたのいう通りなら姉妹都市とは別の問題ですから、大阪市民に迷惑をかけずに一人で戦っておいで。

・藤井厳喜さんが英語で慰安婦の真実を証拠提示して説明しておられます。

・よろしくお願いします!応援しています。事実をひろめてください!

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事