take4さんのツイート

教育勅語を肯定化すると「戦前回帰!」と騒ぐ人たちがいますが、親や先祖を大切にし、兄弟や夫婦は仲良くし、友達を大切にし、自分の言動を慎み、博愛精神を持ち、人格を高め、社会に貢献し、秩序を守り、国の存亡の危機には立ち上がることのどこがいけないのでしょうか?

柴山昌彦 プロフィール


柴山 昌彦は、日本の政治家、弁護士。文部科学大臣。自由民主党所属の衆議院議員。 内閣総理大臣補佐官、総務副大臣、外務大臣政務官、衆議院内閣委員長、自由民主党総裁特別補佐・筆頭副幹事長等を歴任した。
生年月日: 1965年12月5日 (年齢 52歳)
柴山昌彦 - Wikipedia

動画を見る

関連動画

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・アレンジは必要ないと思う。親を大事にする兄弟は仲良く夫婦は仲良く友達は大事に国の一大事には力を合わせて頑張るこれのどこが悪いの??これを否定するって事は相当酷い人だよね

・アレンジ必要?原文で良いと思います。

・内容を読んで誤解を生む部分も確かにありますが、基本的には人間として普遍的な内容あるのは事実ではないかな??

・そういう人は教育勅語を読んでいないか、文章が理解できないんだろうな

・別に教育勅語の通りに生きろって誰も言ってないんだよな。あくまでも人生の参考で、しかも現代風にアレンジすると検討しているから、基本的人権と上手く合わせて国民に馴染みやすいようにするんじゃないかと。

・いけないところは無いけど、開戦を連想させることができるから、さもダメなことのように報道して与党のイメージを悪くしようというマスコミの意図が透けて見えますね。悲しいことです😣

・教育勅語の原文は 難しいですが、現代訳されているので、読んだら良いと思います。天皇陛下から臣民へのお手紙のような感じだなと思いました。天皇陛下と日本国民は 昔から ずっと尊敬と信頼と愛溢るる仲良しなんですよ。

・むしろ日本人らしさそのものなんですけどね。

・メディアの攻撃が、ほら、始まった!という感じですが、大臣はこういう声にまけないで堂々として頂きたいですね。

・何一つ悪いところは無いと思います。これらは「日本人の根本的な価値・倫理観」だと胸を張って誇るべきことだと思います。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事