「新潮45」休刊のお知らせ

▼記事によると…

・弊社発行の「新潮45」は1985年の創刊以来、手記、日記、伝記などのノンフィクションや多様なオピニオンを掲載する総合月刊誌として、言論活動を続けてまいりました。しかしここ数年、部数低迷に直面し、試行錯誤の過程において編集上の無理が生じ、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかになっていたことは否めません。その結果、「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」(9月21日の社長声明)を掲載してしまいました。このような事態を招いたことについてお詫び致します。

会社として十分な編集体制を整備しないまま「新潮45」の刊行を続けてきたことに対して、深い反省の思いを込めて、このたび休刊を決断しました。これまでご支援・ご協力いただいた読者や関係者の方々には感謝の気持ちと、申し訳ないという思いしかありません。今後は社内の編集体制をいま一度見直し、信頼に値する出版活動をしていく所存です。

2018年9月25日
https://twitter.com/kuribayasi_hide/status/1044519071474057217

新潮45


新潮45(しんちょうよんじゅうご)とは、新潮社から発行されていた月刊誌。
新潮45 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・言論の自由を叫ぶ言論人の何とひ弱な事よ。こうも簡単に圧力に屈服するとは、情けない。

・これってただの言論封じなのでは…

・「諸刃の剣」なんですけどね。

・調子に乗り出すのが目に見えます。

・何ですぐに屈するかな!?

・社長を更迭すべし。

・出版続けたら絶対売り上げ激増だったと思う。今回の件で自分も購読しようと思ったし。しかしこの程度で休刊なら朝日新聞はとっくに廃刊してなきゃおかしい

・日本は異常だ!

・彼らの主張通り杉田水脈に問題があったとして、また出版に落ち度があるとしても、言論が一つ潰れたことに言論側がなんら嘆くことなく嬉嬉として勝利で奢る。もはや、矜持もなければポリシーもない

・なぜ戦わない?マスゴミも日ごろやれ言論弾圧だとか言ってるくせに何だ?おかしすぎるだろ?杉田議員はこれまでも慰安婦問題や生活保護不正受給の問題を提起、告発してきた。そのたびに叩かれた。たまたま今回大ヒット。ALLマスゴミが乗ったからだ。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事