住宅用太陽光発電の誤算、「10年で投資回収」は大ウソだった

▼記事によると…

・2019年に住宅用太陽光発電を対象にした固定価格買い取り制度(FIT)が期限を迎える。しかし、政府が描くFIT終了後のビジネスモデルは盛り上がりそうにない。

・09年の「余剰電力買取制度」施行から10年が経過し、太陽光発電の電力を売電していた世帯の契約が19年11月から満了を迎える。しかし、再エネを急拡大させるためのFITへの血税投入は増え続けている。特に太陽光発電の急激な増加で、18年度の買い取り総額3.1兆円のうち国民負担は2.4兆円にも及ぶ見込みだ。

・Aさんは、「地球に優しいし、光熱費の節約になる。10年で元は取れるし、その後はもうかると言われた。これならいけると判断した」と振り返る。

・試算の結果は、Aさんの期待からは程遠く、10年で115万円の赤字となった。実は、住宅用太陽光発電を導入した多くの人が、FITで投資を回収できると思い込んでいる。FIT期間中に回収できるのは、産業用(買い取り期間20年)だけだ。ちなみに、FITの買い取り価格が下落してから住宅用太陽光発電を設置した場合の費用対効果はどうなるか。

・結果は散々で、10年後は202万円の赤字となった。さらに絶望的なのはFIT終了後だ。買い取り価格が11円/キロワット時の場合は黒字化が41年後、6円/キロワット時ならば83年後という途方もない結果に。

9/25(火) 6:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180925-00180404-diamond-bus_all&p=1

菅直人 プロフィール


菅直人は、日本の政治家、弁理士。立憲民主党所属の衆議院議員、国のかたち研究会設立者・会長、立憲民主党最高顧問。 厚生大臣、副総理、財務大臣、内閣府特命担当大臣、内閣総理大臣、旧民主党代表、民主党代表、民主党政策調査会長、民主党幹事長、民主党代表代行などを歴任した。
生年月日: 1946年10月10日 (年齢 71歳)
菅直人 - Wikipedia

孫正義 プロフィール


孫 正義は、日本の実業家である。ソフトバンクグループの創業者として知られ、ソフトバンクグループ代表取締役会長兼社長やヤフー取締役、スプリント会長、アーム会長、アリババ取締役、福岡ソフトバンクホークス取締役などを務める。ソフトバンクグループの筆頭株主である。
生年月日:1957年8月11日 (年齢 61歳)
孫正義 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・これぞ負の遺産・・

・民主党政権って何か成果あったん?

・パネルの処理も考えてないぞ

・田舎にはほぼ太陽光パネルばかりになったしなぁ。海岸沿いや山の麓とか、台風で破損しても無視され続けてるし
責任とってよ

・家庭用太陽光発電に関しては何かあった時のバックアップシステムくらいに考えて導入しないとダメだよね。売電で投資回収なんてバカじゃねえの?

・ほんと日本を壊すことだけに注力してたなあいつら。いいことひとつもねぇ。

・そりゃ毎度毎度根拠もなしにいいよいいよしかいわないんだし乗っかる方が無能

・嘘つきだと言われてもおかしくないことやってる奴らが政権握ってたって、今考えたらゾッとする

・捕らぬ狸の皮算用

・孫と菅が笑いながらパフォーマンスしてた時点で乗っかるのは馬◯しかおらんって知ってた

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事