満期を迎え「権利消滅」郵政民営化前の定期預金は払い戻しを

▼記事によると…

・「平成19年9月30日までにお預け入れいただいた郵便貯金はありませんか?」と大きく書かれた新聞広告が話題だ。9月初旬から20日にかけて、全国紙・地方紙合わせ40紙以上に掲載されている。

「払い戻しが受けられなくなります」とも太字で書かれているため、ネットでは、「満期になったら下ろせなくなるの?」など混乱も広がっている。

旧郵便貯金法では、満期後20年と2か月を経過しても払い戻しの請求がない定額・定期・積立貯金は、利用者の権利が消滅すると決められている。民営化に伴い旧郵便貯金法は廃止されているが、同法にあった貯金に関する権利消滅の規定は、別法で効力を有するとされているため、このような取扱いになるという。
郵便局が民営化したのは2007年10月だが、これより前に預けられた定額・定期・積立貯金はすべて満期を迎えているため、このような案内が出ている。

なお、民営化前に預け入れた通常郵便貯金や通常貯蓄貯金は、民営化の際にゆうちょ銀行に承継されている。今回の案内はあくまでも、民営化前に預けた定額・定期・積立貯金に限られることに注意してほしい。

同機構では、心当たりがあっても案内の覚えがない人、通帳や証書が見当たらない人は、郵便局の貯金窓口かゆうちょ銀行の店舗に問い合わせることを呼びかけている。

2018年9月21日 17時40分
http://news.livedoor.com/article/detail/15339574/

ゆうちょ銀行


株式会社ゆうちょ銀行は、東京都千代田区霞が関に本社を、同区丸の内に本店窓口をそれぞれ置く、日本の銀行である。 愛称は「JP ゆうちょ銀行」。コーポレートカラーは「ゆうちょグリーン」。
設立: 2006年9月1日
ゆうちょ銀行 - Wikipedia

twitterの反応


▼ネット上のコメント

・今は新聞読む人が少なくなってるのに、新聞広告出せば広く伝わると思ってるのかな?

・姑息な窃盗じゃん!

・割と頻繁に郵便でお知らせは来ます。娘のがあって、娘に渡したのに、督促が来て、娘に聞いたら「もう下ろしたよ。」情報の更新は遅いみたい(笑)むしろ、ゆうちょ銀行からのお知らせをダイレクトメールと思って読んでない方も多いのでは?

・私も数年前にそういえば❗って思って定期に入れてた分は全部解約してそっくり普通預金に入れました。民営化される前のだったから半分諦めていたけど全額処理出来ました👍思ってた以上に貯まってたの粗品の多さにビックリでした😲

・常識です

・ありがとうございます!忘れてました。

・これはこの連休でばあちゃんに会うときに話しておかねば…

・やはり銀行が良いのか…

・こまめに通帳を眺めておかなきゃですね!

・これじゃあ怖くて銀行に貯金できないですよね。ますますタンス預金が増えて行きそう。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事