【しんぶん赤旗】生活保護基準下げ許さない 1万人審査請求呼びかけ 利用者ら安倍政権の姿勢批判

▼記事によると…

・安倍政権が10月から段階的に生活保護基準を最大5%引き下げることを決定した問題で、保護利用者や貧困問題に取り組む団体は14日、厚生労働省で記者会見し、全国の生活保護利用者に「1万人の審査請求運動」を呼びかけました。

・全国生活と健康を守る会連合会(全生連)の安形義弘会長は「国民全体の貧困を考える運動として取り組みたい。保護利用者の生活実態を知ってほしい」と語りました。

生活保護を利用する東京都の男性(49)は自身を「室内ホームレス」と表現。エアコンはあっても使用せず、ガス代節約のために洗面器に水をためて体を洗うといいます。食事は1日に1食か2食。「お金を使わないよう、食べて寝て近所を散歩するしかできない。人付き合いも婚活もできない。こんな生活なのにさらに引き下げるのはおかしい」と怒りを込めました。

10月からの生活保護基準引き下げ
安倍政権は10月から2020年10月まで段階的に、生活扶助費を最大5%引き下げることを決定しました。

2018年9月15日(土)
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-09-15/2018091501_04_1.html

生活保護


生活保護は、経済的に困窮する国民に対して、国や自治体が、健康で文化的な最低限度の生活を保障する公的扶助制度である。
日本において、日本国憲法第25条に規定する理念に基き、生活保護法第1条にあるように、国が生活に困窮するすべての国民に対して、その困窮の程度によっては必要な生活費の給付を行い、最低限度の生活を保障するとともに自立を促すことを目的とする。最低賃金を改定する際には目安の1つとなる。
生活保護 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

>食事は1日に1食か2食
生活保護を受給せず働いている俺と同じだから大丈夫

・そんなもんじゃねーかな?それで満足できないなら働けよ

・赤旗で兜でも折っていたら?

・いや少しでも働けよ。給料は低いかもしれんが、単純作業で身体への負荷の少ない仕事もたくさんあるだろ。

・もういいからさっさと現物支給にしようぜ

・さすが上級ニート様、自宅だけでなく外回りまで警備されて、手当てまで貰えるとは・・・

・散歩する暇あれば就活出来るよね

・婚活は笑うとこ?

・俺の住んでるアパートにはかれこれ16年はナマポの人がいる。犬かって毎日3回くらい散歩にいき趣味は料理。盆正月には温泉旅行にいってる。夜寝れないから仕事ができないとかでナマポらしい

・最低限度の生活できてるじゃん

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事