立民 枝野代表「普天間基地移設計画は見直すべき」

▼記事によると…

・ワシントンを訪れている立憲民主党の枝野代表は、日本時間の14日未明、現地のジョージ・ワシントン大学で講演し、「日米安全保障条約と、これに基づく同盟関係を重視する」と述べ、日米同盟を重視する姿勢を強調しました。

そのうえで、枝野氏は、政府の進める沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画について、「『辺野古基地建設』を強行することは、県民の理解を得られず、安定的な日米関係の発展にとっても、大きな阻害要因となる」と指摘しました。

そして、枝野氏は「『辺野古基地』を建設することなく、普天間基地の返還を実現し、日米関係などに悪影響を与えないための解決策をアメリカとともに模索していきたい」と述べ、名護市辺野古への移設は見直すべきだという考えを示しました。

一方、枝野氏は、北朝鮮による拉致問題について「事実関係を確認し前に進めるためにも、ピョンヤンに連絡事務所を置くべきだ。日米韓3か国の強い連携のもと、北朝鮮問題の解決に向けた努力を進めるべきだ」と述べました。

2018年9月14日 8時58分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180914/k10011629421000.html

枝野幸男 プロフィール


枝野幸男は、日本の政治家、弁護士。立憲民主党代表。衆議院議員。 立憲民主党代表就任前の要職としては、旧民主党政策調査会長、民主党幹事長、内閣府特命担当大臣、内閣官房長官、内閣府特命担当大臣、経済産業大臣、内閣府特命担当大臣、民進党幹事長、民進党代表代行、民進党憲法調査会長。
生年月日: 1964年5月31日 (年齢 54歳)
枝野幸男 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・ブレブレでシンがない奴 沖縄をまたぐちゃぐちゃにしたいのか

・針の糸にロープを通す男・枝野幸男

・そんな策はない。

・トラストミーの あの頃は信じてたなー。あんな言葉を信じた自分のバカさに腹が立つ。

・模索していきたいって。やっぱり何か案を持っていったわけではないのね。やっぱり。

・鳩山由紀夫の服案よりひどい。

・枝野さん…手法は旧い 一昔前なら通用したけど、ネット時代の今は一部の人にしか通用しない。過去の言動から昨日までの枝野発言は同時に検証可能だから。そして、このやり方も旧い→法で決定した後で、騒ぐ。不可能と知って。法を知らない人向けの発信。※こんなやり方で参院選…地方選まで持つかな〜

・今から模索じゃ遅いでしょ。

・模索するだけではなく、対案を提示、提案していただきたいです。これだけ長くかかっている問題なので、これ以上の引き延ばしは沖縄の方々にとっても負担かと思います。

・今の混乱は鳩山政権の不始末が影響しているその責任を当時の民主党議員は取る必要があるのにわざわざ混乱を助長させるのか?頼むから何もしないで

 

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事