医師も驚愕…余命3か月と診断された母親が最後にとった行動とは


立てるはずのない者が最後の力を振り絞ってお弁当を作るんですよ。

その時のことを娘さんはこのように話してくれました。

「お母さんが最後に作ってくれたお弁当はおむすびでした。

そのおむすびを持って学校に行きました。

久しぶりのお弁当が嬉しくて、嬉しくて…

昼の時間になってお弁当を広げて食べようと思ったら切なくて、切なくて…

なかなか手に取ることができませんでした」

お母さんの人生は40年ちょっと。

とても短い命でした。

でも、命は長さじゃないんですね。

お母さんはお母さんなりに精いっぱい必死に生きて大切なことを子供たちにちゃんとバトンタッチした。

出典元:誰かのために・・・

スポンサーリンク

あなたの大切な人のためにどんな些細のことでも良いので何かできることがあればしてあげて下さい。

ページ:
1

2


▼アンケート(ランダム)& 結果確認


この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

1日1クリックのご支援、お願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

Twitterで Share News Japan をフォローしよう!