<社説>総裁選報道への介入 不当な圧力は許されない

▼記事によると…

・7日に告示される総裁選を前に、自民党が「公平・公正な報道」を求める文書を新聞・通信各社に送付した。記事や写真の掲載面積で候補者を平等に扱うよう注文している。新聞社や通信社は独立した報道機関であり、記事や写真の取り扱いで権力側からあれこれ指図される筋合いは全くない。

自民党は、民主主義に不可欠な「言論の自由」の意味を理解しているのか。長く政権を握っているうちに、慢心が頂点に達した感がある。

・報道機関を萎縮させる狙いがあるとすれば悪質だ。国民の「知る権利」を脅かすメディアへの不当な介入であり、決して看過できない。

2018年9月4日 06:01
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-796018.html

琉球新報


琉球新報は、沖縄県を中心に発行されている日刊新聞である。株式会社琉球新報社が発行している。
琉球新報 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・偏向報道するなと言われて逆ギレする琉球新報

・マスコミが言う公平公正の意味がわからん

・全くおかしくないじゃん。琉球新報って頭悪いの?

・この程度の圧力で困るんなら報道屋やめちまえ

・偏向報道宣言

・自民党内のイベントだからどうでもいいだろっていう詭弁は酷いな

・公正公平をマスコミに求めるのは間違ってると言ってるから、逆切れより開き直りだな

・凄いな自ら公平でも公正でもないことを認めたのか。頭おかしい

・しゃーないやん石破が公正公平を望んでるんだからw

・「私たちはこれからも偏向しまくります、でも『報道の自由』だからいいよね」 こう白状しちゃった訳か

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事