立民・枝野代表、辺野古移設反対を表明

▼記事によると…

・立憲民主党の枝野代表は、沖縄にあるアメリカ軍普天間基地の移設問題について、「名護市辺野古に基地を造らせない」と初めて表明しました。

・また、民主党の鳩山政権が辺野古移設を容認したことについて、「責任の一端を感じている」とする一方で、「立憲民主党は新しい政党として一から議論を進め、判断した」と強調しました。

8/30(木) 5:24配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180830-00000001-jnn-pol

枝野幸男 プロフィール


枝野幸男は、日本の政治家、弁護士。立憲民主党代表。衆議院議員。 立憲民主党代表就任前の要職としては、旧民主党政策調査会長、民主党幹事長、内閣府特命担当大臣、内閣官房長官、内閣府特命担当大臣、経済産業大臣、内閣府特命担当大臣、民進党幹事長、民進党代表代行、民進党憲法調査会長。
生年月日: 1964年5月31日 (年齢 54歳)
枝野幸男 - Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・辺野古移転問題を作り出した民主党系の連中に発言権はない

・お前当事者やぞそんとき内閣にいただろ

・「党名が変われば政策をリセットしてOK」という考え方を容認したらアカンよなぁ。

・名前変えたからノーカン?そんな理屈が通ると思うな

・また沖縄県知事選でアベガーするんだね

・そんな言い訳が通用すると思ってるから政権取れないんだよなあ

・責任の一端を感じているそうかそうか。じゃあ今度は基地をどうしたいか具体的なことまで考えているはずだよな?辺野古は止めて基地をどうするの?

・メディアに批判されないからやりたい放題だな

・うわほんまに言うたやん笑える

・それを世間ではダブルスタンダードというだそ枝野

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事