“左遷”の森友スクープ記者「記者続けたい」とNHKを退職へ

▼記事によると…

・ NHKで森友問題に関するスクープを連発していたA記者が、考査部門に“左遷”されたことを、日刊ゲンダイが今年5月に報じたが、そのA記者が8月末でNHKを辞めることが分かった。

A記者は、NHK大阪放送局考査部の相澤冬樹副部長(55)。本人のフェイスブックによれば、8月31日にNHKを退職し、9月1日からは、新日本海新聞社の傘下の「大阪日日新聞」で記者として働くそうだ。フェイスブックには、<この仕事(記者)を愛し、誇りを持ち、これからも記者を続けたい、その一心で今回の転職を決めました>とある。

2018年8月30日
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/236473

相澤冬樹(フェイスブックより)


NHK記者
出身校:東京大学 法学部政治学コース
大阪市在住
宮崎県宮崎市出身
相澤冬樹 - facebook

twitterの反応

▼日本共産党・辰巳孝太郎議員

▼朝日新聞・特別報道部次長 鮫島浩氏

▼ネット上のコメント

・スクープじゃなく創作だったから左遷されたんだろ

・悪いことをするときは「私は愛国者です」って言うんだよ。必ずね。

・NHKは、何か謝罪はしたのか?

・記者くらいしかできないから記者やるんでそ

・パヨクっていつもクビにされたり無職になったり牢屋にぶち込まれているイメージ

・FakeBookなら何書いても構わんよ

・スクープて何のことだ?

・あんだけ反日・反自民・反安倍の報道してるのに安倍様のNHKとかwww

・こういう扱いをされるとか相当偏ってるんだろうな

・そういえば最近モリカケ聞かなくなってきたね

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事