鯨武長之介さんのツイート

先日、とある映像制作会社(仮)から「あなたが集めたゲーム本等の資料を着払いで貸してほしい」と頼まれたのだが、条件が

①無報酬。②名前は載らない。③紛失等の補償はできない

って、①②はともかく③はないだろ。それに調べたら、あんたら別件で預かった物を紛失したことで話題になっとるやんけ。

映像制作


一口に“映像”といっても、TVから劇映画、展示物、イベント映像まで多種多様な分野があります。映像制作は、映画会社やテレビ局、企業などで企画を立てた後、映像制作会社に発注されることがほとんどです。企画に携わりたいのであれば、テレビ局、映画会社、企業などに所属、編集やCGに携わりたいのであれば、ポスプロやCGプロダクションなどに所属することになります。
creive【クリーブ】

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・理不尽な条件でも断れない人間がいると思ってあちこちに声掛けまくっているんでしょうなあ。オレオレ詐欺とまるで変わらん…。

・注意喚起として会社名出してもいい気がするんだが

・国会図書館に行けー!と返すのがいいですね!

・仕事として貸して欲しいと言うのに、金は払いません、無くしても知りませんって、ふざけすぎですよ。そんなアホな所には協力する必要無いです。むしろ、個人名出して晒してやっても良いレベルです。

・貴重な資料を借りるのに失くしても責任取らない・正当な代価も支払う気が無いなら、国会図書館へ行くべきだと思います……。

・最近のニュースが素人撮影の動画で溢れてるのと同じような状況ですね!あれも完全に上から目線です!

・ひえー今までどれほどの人が大切なものを奪われてきたのかと思うとぞっとするー

・それはひどいな 保証しないってそれなら貸してじゃなく くれますか?やろ

・ジャイアンだw

・子供の世界も大人の世界も、物を貸したら基本的には返って来ないのを覚悟しないとイケないんでしょうね。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事