HONDAの創業者、本田宗一郎さんは生前、こんなことを言っていたそうです。

「素晴らしい人生を送ることができたのも、お客様、お取引先のみなさん、社会のみなさん、従業員のみなさんのおかげである。俺が死んだら、世界中の新聞に“ありがとうございました”という感謝の気持ちを掲載してほしい」

1991年、本田宗一郎さんは亡くなっています。

honda1

実は、66歳で引退し「会長職」にも就いていません。

「終身名誉顧問」にはなりましたが、仕事からは、一気に離れたそうです。

honda

社長を辞めた後、宗一郎さんしていたこととは…

実は、日本中にある、ホンダの事業所…
販売店から工場から…当時、700カ所あったそうですが、その700カ所すべてを回って、すべての従業員一人一人と握手して、

「ありがとう、ありがとう、いつもありがとう!」

と言い続けていたそうです。

しかも、中には、2~3人しか働いていないような、ものすごく田舎の販売店もあったのですが、そんなところも全部回ったそうです。

そして、その後、海外事業部も全部回ったそうです。

全部まわって一人一人と握手をし、何年もかかったそうです。

周りの人たちは、

「ホンダの創業者が直々に握手しにいけば、社員のモチベーションはあがりますよね。仕事をもっと頑張ってくれて、業績も上がりそうですよね。だから握手しに行くんですね」

って言っていたそうですが、実はそうじゃないんです。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事