和田政宗議員のツイート


もうNHKはメディアとして死んでいるというのが、昨年からの第二次大戦に関するNHKスペシャルの流れ。

独自の検証もせずソ連側の主張や米軍の「戦犯」裁判の資料を一方的に肯定。

もう私もNHKは擁護しない。NHKは何にも左右されず事実に基づく報道を行うとしての受信料徴収の根拠を失っているのではないか

和田政宗 プロフィール


和田政宗は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員。元NHKアナウンサー、ジャーナリスト。自由民主党広報副本部長。 みんなの党青年局長、次世代の党幹事長、政策調査会長などを歴任。
生年月日: 1974年10月14日 (年齢 43歳)
和田政宗 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・NHK受信料徴収の根拠、完全に失っていると思います。普通の民放として見ても、停波していいレベルだと思います。

・和田先生のおっしゃるとおり。最近のNHKはひどすぎる。偏向報道が凄い。あるときは露骨にあるときはこっそりと。9月の総裁選が心配。

・NHK内部のお金の流れを精査する時期に来ましたかね🎵(゜∇^d)!!

・同感しますね。受信料を徴収しながら事実と異なる報道を繰り返す。

・国民の一人として言わせてもらえば、こんな偏った公共放送をなんの指導もしない総務省。そしてこういう偏向報道をやらせるままにする政府。黙ってる自民党にほとほと愛想が尽きます。

・NHK を守っているのは、時代遅れの法律です‼その法律を変えられるのは国会議員しかいないのに…国民の声はいつまで無視され続ける?

・NHK を守っているのは、時代遅れの法律です‼その法律を変えられるのは国会議員しかいないのに…国民の声はいつまで無視され続ける?

・公共放送なのに民放の偏向報道と大差ない凋落ぶり。真面な日本人から見放され、パヨクからも何故か安倍政権を擁護していると叩かれていますね。

・是非解体か民営化をお願いします。私は10年弱テレビを持たずに生活しましたがNHKがなくて困ったことはありません。国民に必要な組織ではないと感じます。

・本当になんとかしてください。今のNHKの報道は害しかありません。この時代、もう存在意義はないと考えます。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事