山根明会長が独白「腹切って死ぬ」不正に関係していた場合は…

▼記事によると…

・住宅街に山根会長の怒号が響きわたった。詰めかけた報道陣に、大阪市内の自宅近くで初めて対応。

「日本ボクシングを再興する会」からの告発状を受け取った日本オリンピック委員会(JOC)などから、第三者委員会の設置を義務づけられたことを問われると「ちゃんとしますよ。(弁護士の日本連盟)吉森専務理事が。僕は法的なことは知りませんから」と話した。

だが途中から語気を強め「JOCにしろ、内閣府にしろ、文科省にしろ…そういう部類のもの(不正)に関係しているとしたら、僕はJOCに行って腹切って死ぬ」と言い出した。

2018年8月5日6時0分
https://www.hochi.co.jp/sports/boxing/20180804-OHT1T50322.html

山根明 プロフィール


山根明は、一般社団法人日本ボクシング連盟第12代会長。
生誕:1939年10月12日(78歳)
山根明 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・自殺予告ですか

・浪速の弁慶かよ

・死んで詫びるとかダサ過ぎ

・死ぬ死ぬといって本当に死ぬ奴はいないんだよなあ

・亀田もそうだけどボクシングだと切腹になんか思いれがあんの?

・いや責任取れよ

・漢やなぁ…素直に憧れる生き方だゾ

・善悪の区別もついてない王様だな。自分に酔い過ぎ

・これも脅迫の一種なんだよなぁ

・死んだら、追い詰めたお前らのせいだからな。だからこれ以上追い詰めるなよって事か。

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事