翁長知事、土砂投入阻止図る 辺野古承認撤回、政府は対抗策に自信

▼記事によると…

・翁長知事は来週から2019年度沖縄関係予算の概算要求に向けた要請行動に臨む。膵臓(すいぞう)がんの療養で長距離移動を伴う出張は控えていたが、強い希望で自ら東京に赴く。撤回表明は国庫要請後になるとの見方もあったが、翁長知事は真っ向から挑む姿勢を隠さなかった。

27日の記者会見で、沖縄振興予算を基地とリンクさせて増減させる政府への不満をにじませ、それに依存する県内の一部政治家にも矛先を向けた。「私のような者が出てきて反対したら『振興策は厳しくなるぞ』というような状況に、(この先)何十年も沖縄が置かれていいのか」

2018年7月28日 06:30
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-770354.html

翁長雄志 プロフィール


翁長 雄志は、日本の政治家。沖縄県知事。 那覇市議会議員、沖縄県議会議員、沖縄県那覇市長などを歴任した。 父は元沖縄県真和志村長の翁長助静。兄は沖縄県副知事、沖縄県議会議員を務めた翁長助裕。次男は那覇市議会議員の翁長雄治。
生年月日: 1950年10月2日 (67歳)
翁長雄志 - Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・選挙待たずにもう辞めて療養しとけよ…

・は?独立志してるのに、まだ政府に頼る考えなの?もしかして金だけは受け取り続けるとか言わないだろうな

・沖縄のために頑張って欲しい

・国の予算にガンとか関係ないだろw ガンで仕事ができないよ言うなら他の人物に変われよ。税金の無駄遣いじゃん

・ますますヤバイ痩せかたしてるな

・あたかも迫害されているように振る舞うことが、活動家マニュアルに書かれているのかな。

・ちゃんとアポ取って行ってね

<最新情報を毎日更新中>
フォローお願いします!

ランキングに参加しています。
1日1クリックの支援をお願いします!

Twitterで速報をお届け♪


アンケート(ランダム)&結果を見る

おすすめの関連記事